なにわ男子を待つテレ朝『Mステ』と関西ジャニーズ「最悪の組み合わせ」のワナ!キンキ堂本光一だから言える「やらかせ!」アドバイスの真意

拡大画像を見る

 11月12日、関西ジャニーズJr.ユニットだったなにわ男子が1stシングル『初心LOVE』でCDデビューし、Jr.を卒業した。同日になにわ男子は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演したが、そこで関西系ジャニーズの大先輩であるKinKi KidsがVTRでサプライズ出演。堂本光一(42)と堂本剛(42)がなにわ男子に送ったメッセージが反響を呼んでいる。

「光一が“絶対やらかしたほうがいいぞ! やらかしたほうが後々の思い出になるから絶対”とアドバイスしていたんです。よくある、緊張している若手に向けてのメッセージかとおもいきや、キンキの場合は実際に『Mステ』で光一がやらかした“打ちひしがれ事件”という伝説の放送事故があるので、話題になるのも当然かもしれません」(制作会社関係者)

 この事件が起きたのは、05年6月10日の『Mステ』でのこと。キンキが「ビロードの闇」を生歌唱した際にハプニングが発生。この曲のAメロには《打ちひしがれる》という単語が登場する歌詞があるのだが、光一はこのフレーズにつられ、少し後のまったくちがう歌詞を《僕らは1人でに打ちひしがれるだろう》と言い間違い。

 これに剛までも釣られ、直後の歌詞を、《砂漠のようにこの都(まち)で僕……※○△》と間違えて意味不明の歌詞(光一いわく宇宙人語)で誤魔化そうとしたうえ、こらえきれずに笑ってしまったのだ。さすがキンキというべきか歌唱力そのものは崩れなかったが、声が微妙に笑っており、本来はクールなはずの曲が妙に微笑ましい歌になってしまった。

「歌唱後にタモリ(76)に“ちょっと動揺が見られた”とされただけでなく、2週連続出演だったため翌週の17日放送回にはまさかの“検証VTR”が放送される始末(笑)。この“打ちひしがれ事件”はいまだに笑い話となっており、19年に『Mステ』が『衝撃ハプニングランキング』を放送した際も5位で紹介されたうえ、それを受けて同年4月15日放送のラジオ『KinKiKids どんなもんヤ!』(文化放送)ではリスナーから“あの時のこと覚えてますか?”とメールが来ていました」(前同)

■WESTは「大サビ無音事件」

 光一は「覚えてますよ〜……2回打ちひしがれたからねぇ」、剛が「ふふふ。うん、良かったですよね、あれね」と思い出に残っていることを明かしたほか、光一の「(最近の生放送は)ハプニングが起きないように手堅く作られている」という話に剛も「(打ちひしがれ事件が)上位にあがるってことは、そういうものも求められてるのかもしれないよ」とコメントしていた。

「実際に、視聴者のニーズとしてハプニングが求められていることは違いないし、この経験があるからこそ、光一はなにわ男子に“絶対やらかしたほうがいいぞ!”とアドバイスを送ったのではないでしょうか(笑)。今回の『初心』は極端なミスもなく終わりましたが、なにわ男子はいずれやらかすと思います。

 というのも、キンキやなにわ男子に限らず、関ジャニ∞やジャニーズWESTといった関西ジャニーズは、良くも悪くも『Mステ』で大きめのハプニングが起きることが多いんですよね」(専門誌記者)

 18年には、ジャニーズWESTが小瀧望(25)主演映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』の主題歌「プリンシパルの君へ」を披露する際に事件が起きた。この曲は小瀧主演映画の歌だけあり、小瀧のソロパートがあるのだが……。

「最初の歌いだしは問題なかったのに、途中のソロパートで機材トラブルがあり、次のソロパートも、一番の見せ場となる大サビの場面も必死に張り上げる小瀧の地声がわずかに聞こえるだけだったんです。これにメンバーは最初こそ“あれ?”みたいな雰囲気でしたが、最終的には残りメンバーが“ぎゃははは!”“オイ!”と開き直って大爆笑。結果的に和やかに締めることはできました」(前同)

 歌唱後も番組側のミスを並木万里菜アナ(25)が謝罪した際も、「すいませんでした!でも気持ちよかったです!」と7人全員が、実に楽しそうにしていたのが印象的だった。

■関ジャニ∞は村上の演奏ミス

「後日『ジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送)で桐山は“イヤモニ”という機材が実に複雑で音響スタッフも大変、と前置きし、“最初ね、音響さんが上げミスったのかなとか、たまにあるからさ。そやねんな。まぁ、望はちょっと可哀想やったけど……”としつつも、この件がネットで盛り上がったので“それで話題になったからええやん!”と前向きにとらえていました」(前出の専門誌記者)

 ちなみにWESTは『Mステ』に限らず生番組のやらかし率が高く、機材関係なしのミスでは濱田崇裕(32)が衣装の一部のサングラスを歌唱中に落とし、重岡大毅(29)が踏んで壊してしまったり、「ズンドコパラダイス」で濱田が歌詞を《熱き、■△○※%……まちがえた~》と真顔で歌い、曲の最後では最後にカメラの前で正座をし、「ごめんなさ~い!」と謝罪芸で笑いを取ったこともある。

「関ジャニ∞は他グループよりも際立ったミスは少ないですが、15年5月29日の『Mステ』では演奏中に大倉忠義(36)のドラムスティックが折れてしまったり、村上信五(39)が鍵盤の演奏を間違えて大倉のソロパートに割り込んでしまったことがありました。

 この件も同じように翌週6月5日放送の『Mステ』でネタにされ、開き直った村上は前週の再現とばかりに大倉のソロでピアノを入れ、大倉は苦笑いしていました(笑)」(前同)

 生放送ならではの楽しさとして、パフォーマンス中の思わぬハプニングを期待する視聴者も多い。なにわ男子にもキンキやWESTのように、楽しく笑い話になる“やらかし放送事故”に期待したい!

関連リンク

  • 11/19 18:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます