“日本一かわいい女子中学生”ファイナリスト紹介3/東日本エリア:るなち<JCミスコン2021>

【モデルプレス=2021/11/19】“日本一かわいい女子中学生”を決める「JCミスコン2021」。モデルプレスは今回、ファイナリストに勝ち残った13人を毎日一人ずつ紹介する連載を開始。第3回は、東日本エリア代表“るなち”さんのインタビューをお届け。

◆るなちさんプロフィール

長野県出身 中学2年生
14歳
趣味:韓ドラをみること
特技:華道、メイク
血液型:O型

◆るなちさん、JCミスコン参加の理由

― ミスコン参加の理由ときっかけは?

夢への道を切り開くため、自分の夢を叶えるために、できることは全て挑戦しようと思い「JCミスコン」に応募させていただきました!

― ファイナリストに選ばれた今の気持ちは?

ファイナリストに選ばれた瞬間は家族と友達と大喜びしました。モデルプレスのページに名前が載っているのを見て夢かな?とも思いましたが、応援してくださっている皆様のおかげでファイナリストになることができて本当に嬉しいです。みんないつもありがとう!

そして、ここからは私が頑張るしかないという熱意に不安もありました。経験したことのないダンスや歌。他のファイナリストのみんなと比べるんじゃなくて、自分がどれだけ成長できるかを大切にしたいです。最後まで楽しく自分らしく頑張ります!!

◆ここは負けない!自分の強みは?

― これだけは誰にも負けないと思うこと、アピールポイントは?

笑顔!元気!グランプリを目指す気持ち!

― どんなキャラ?友達からなんと言われることが多い?

「ムードメーカー」や、学校ではなぜか「お嬢」と呼ばれることがあります(笑)。

◆るなちさん、“かわいい”の秘訣は?

― ヘアメイク、ファッションなど美容へのこだわりは?

ヘアメイクやファッションで「るなちらしさ」を大切にしています。メイクはなにかを真似るのではなく、自分に合った「自分の好みのメイク」を日々研究しています!髪の毛はその日のコーデによって巻いたり巻かなかったり、上げたり下ろしたりしてます。

ファッションは小さい頃からこだわりがあって、ママによく反対されていても「どうしても」と言って自分が着たい服を着ていました。今も色んな系統の服をその日の気分に合わせて着ています!

美容に関してはお水を飲んだり、睡眠をとったり、食事に気を使ったりなど基本的なことを心がけています。お肌に使うものは「自分に合ったもの」を使うことが本当に重要だと思います。

― 日頃から可愛くなるために行っている自分磨きは?

「なりたい自分」を想像しながら、日々努力しています。飲み物は水かお茶に変えたりすることから始めました。毎日欠かさずしていることはマッサージです!正直めんどくさいと思ってしまうけど、可愛くなるために努力は惜しみません。

自分を理解して、自分に合った髪型やメイク、そしてお洋服。全て時間をかけてでも研究しています。

― 得意な教科と苦手な教科は?

数学が得意です!特に計算が得意で、難しい問題を解いた時の達成感が好きな理由の1つです。

苦手な教科は美術や技術などです。飽きやすいタイプということもあり、作業中に眠くなってしまいます…(笑)。

― (恋愛対象の)好きなタイプは?

一緒にいて楽しい人!ずっと笑っていたいです。とにかく幸せなことが一番です。

― 憧れの芸能人は?

吉木千沙都(ちぃぽぽ)さん、越智ゆらのさんです。

◆るなちさんの“夢を叶える秘訣”

― 将来の夢は?

笑顔を届けられる存在になることで、芸能関係のお仕事をしたいと思っています。雑誌モデルやタレント、マルチに活躍したいです!

― 夢を叶える秘訣は?

夢を諦めずに追い続けることと、自分の努力次第だと思います。

その夢に対してどれだけの思いがこもっているのか、どれだけの努力をしているのかが重要だと思うので、私は日頃から「努力は必ず報われる」と信じて夢を追っています!

― 応援してくれる人たちへメッセージをお願いします!

いつもるなちの応援をしてくださっている皆さん、本当に本当にありがとうございます。皆さんが居なかったら私はファイナリストに残れていませんでした!皆さんのおかげです。

今、辛い時も頑張れているのは家族や友達、応援してくださっているみんなが支えてくれるからです!日々の努力を惜しまずに、苦手なダンスも歌も、自分らしく、楽しく、精一杯頑張ります!「るなちが絶対グランプリ」を目指して、これからも見守ってくださったら嬉しいです。みんな大好きです!

ヘアメイク担当:カンジョセツ(東京モード学園メイクネイル学科)
メイク担当:赤荻愛純(東京モード学園メイクネイル学科)

◆「JCミスコン」ファイナリスト13人が最終決戦へ

5回目の開催となる今回も、全国の候補者を東日本A、B、西日本A、Bの4ブロックに分け、地方予選を実施。各エリアの代表と「中一ミスコン2021」グランプリら計13人が全国ファイナリストとして選出されている。

事務所に所属していない女子中学生であれば誰でも参加することができ、グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「JCミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝する、PR大使に任命される。

◆「JCミスコン」とは

「JCミスコン」は、「女子高生ミスコン」の姉妹版で、「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子中学生」をコンセプトに掲げる“JC= 女子中学生”限定のコンテスト。

昨年度グランプリを獲得したJURIは、グランプリ特典として「TEENS専属モデル」に抜てき。

2017年に出場した西川樹里は、モデルプレス賞を受賞。その後、Abemaで配信された人気恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。」に出演し、人気メンバーへと躍進。現在は大手芸能事務所「avex」に所属しながら、女優、モデル、アパレルブランドのプロデュースなど幅広く活躍しており、TEEN世代の憧れの的となっている。

2018年に出場した向葵まるも、コンテスト後に「今日、好きになりました。」に出演して注目を浴び、現在はモデル、アパレルブランドのプロデュース、テレビ出演、YouTube活動などマルチに活躍。そのほか、2019年グランプリの高木凛汐はTEENSモデルとして活躍するなど、多くの次世代スターが誕生している。

◆「JCミスコン2021」スケジュール

・11月6日~12月11日:ファイナリスト合宿・ファイナル投票
・12月11日:グランプリ発表

※スケジュールは予告なしに変更する可能性あり

◆「女子高生ミスコン」も開催中

また、姉妹コンテストの「女子高生ミスコン2021」も、すでに全国のファイナリストが決定。12月11日に行われる本戦でグランプリを発表予定。

グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/19 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます