魚民「もつ鍋」に“大量の虫”騒動に巻き起こる波紋!

拡大画像を見る

 居酒屋チェーンでもつ鍋を注文したら大量の虫が混入していた…。驚愕の投稿にネットでは恐怖の声が上がった。

 11月16日未明、とあるユーザーがツイッターに「魚民 赤羽店やばすぎた もつ鍋頼んだら、1000匹くらい虫が入ってた…」と画像付きで投稿。画像にはつぶつぶとした黒いものが大量に浮かんでいて、投稿者は「ブラックペッパーがかかっていると思ってて、半分ほど食べてしまいました」というのだ。

 ツイッターにはこの投稿者と同席していたユーザーも次々と投稿を行い、「店員さんに虫の混入を指摘したらまず『お口直しにデザートとかサービスします』と言われたが誰がその厨房で作るデザート食べたいって思うんですか?こっちは信じられない量の虫食わされた後ですよ…泣」と店員の対応を批判。保健所と本社に連絡したことも明らかにしたのだった。

 虫が写ったもつ鍋の画像は瞬く間に拡散し、ネット上では「魚民」に対する批判が殺到。これを受けて同チェーンを運営するモンテローザは「提供した料理に虫が混入していたことは事実です」と認め謝罪。同日に保健所の立ち入り検査があったとし、「調理場内の衛生状態にはご指摘はなく、洗浄不備が原因ではないかとのご見解でありました」と白菜を洗わず使用したことが原因ではないかと推測した。

 また今回の件について同社は各メディアの取材に対し、飲食した本人から「お客様相談窓口」宛てにメールをもらったことで初めて知ったことを明かし、「速やかに本部に報告するルールですが徹底されておらず大変残念です」と、今後は再発防止や店員の指導を実施すると説明している。

 これにネット上では、《画像見たけど、これはトラウマになるレベル》《調理する人も提供する人も気づかないってどういこと?チェーン店ってそんなレベルなのか?》《これから鍋の季節だってのに、なんて画像を見てしまったんだ》など阿鼻叫喚の声が上がっている。

「ようやく緊急事態宣言も解除され、繁華街にも客足が戻りつつある状況だというのに、こういうずさんな管理、対応を見せられてしまうと、居酒屋業界全体にも影響を及ぼしかねません。今はどこも人手不足で大変かもしれませんが、せっかくこれから年末年始で居酒屋のハイシーズンがやって来ようとしているのに、本当に残念でなりません」(経営コンサルタント)

 これがきっかけで居酒屋離れが起きなければいいが…。

(小林洋三)

*画像はイメージです。

関連リンク

  • 11/19 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

19
  • あきひろ

    11/28 7:53

    料理に虫が入っていた話では他にもミンボーの女という映画もありますね。

  • 恵華 

    11/24 17:33

    家庭で野菜を外に出していてもそんなに虫わかないけど、どんな保存してたのかが気になる

  • ***さん。相変わらず色々コメってるね!

記事の無断転載を禁じます