衝撃作「親に整形させられた私が、母になる」が大反響!実母との確執体験談も続々!

中学を卒業した春、母に突然言われた一言ーー。
「整形しましょう」

そんな衝撃的な一コマから始まる「親に整形させられた私が、母になる」は、作者であるグラハム子さんの実体験が基となっています。



実の親子だからこそ難しい、離れたくても離れられない複雑な関係性が詳細に描かれた今作は、多くの読者の反響を呼び大ヒットとなりました。

また、「うちの母親も…」と、ハム子さんと似たような経験をした方達からの体験談も多数寄せられました。

■母はなぜ娘に整形をさせたの?



「あなたのためならなんだってしてあげる」と、母に整形をさせられたハム子さんーー。

あれから20年近く経ち、自身が母になったことで、ハム子さんは子どもの頃に実母にされていたことを思い出すようになりました。

■“本当にしたかったこと”は母には言えなかった



周囲からは「教育熱心で良い母」と言われていたことが余計ハム子さんを苦しめていきます。

「母は私のためを思ってやってくれているのだから、不満に思ってしまう私が悪いんだ」
そう思ったハム子さんは何も言うことができなくなっていきます。

■ズボンを切ってビリビリに! あらゆる手段を使って支配する母



罪悪感を植え付け、支配されていくハム子さん。
この日以来スカートは禁止。ようやくスカートが履けるようになったのは、6年後。中学校の制服でした。

■母に認められたくて、15歳で整形を決意


わが子のためならなんだってやってあげたい親心。

それは本当に子どものため…?
それとも、自分が恥ずかしくてみじめだから…?

「私はみっともなくて、かわいそうな娘。お母さんが喜んでくれて、認めてくれるなら、私は整形してもよい」当時のハム子さんはそのように考え、整形をすることを決意しました。

■整形して高校デビュー! 楽しいはずなのに…

整形をしたことで、ハム子さんは幸せになったのでしょうか?

高校には同じ中学の子がほぼいなく、誰もハム子さんが整形をしていると知らない環境で高校時代を過ごすことに。



「かわいくない」という言葉をずっと母にかけられていたハム子さんにとって、周りからの「かわいい」という言葉は強烈に突き刺さりました。

でも、周りに好かれ、「かわいい」と言われるほど自分が否定されていくような錯覚。
そして自分に嘘をついているような気持ちになっていってしまったのです…。

この衝撃的な実母と娘の関係を描いた漫画は公開直後から大反響を呼び、なんと読者からは「私の母もそうでした」との声が続々と寄せられました。


■「私の母もそうだった…!」読者から寄せられた、衝撃の体験談


●私の親は完璧主義で100かそれ以外、テストで90点代取っても「10点も分からない所があるじゃない!勉強はしたの?」と。部活も夜までで睡眠時間も削ってまで勉強してるのに。授業もちゃんと真剣にやっているのに。テストの点数が悪いと家に入れて来れません。なので3時間かけて歩いて祖母の家に帰ります。

●大学に行きたかったが、女性は高学歴は必要ないといわれた。 弟が控えていたため、早く社会に出てほしかったようです。

●私の親は一般的には優しくて、子ども思いにみえるひとです。 でも、すべてを決めてしまう。服装、髪型、進学、友達、とてもきつかった。就職をきに親元をはなれたけど、子どもは親にしおくりをするもんだといわれ毎月仕送りをし、初めてのボーナスは親に全てわたすもんだといわれ、全額わたしました。

●小さい頃から、笑うことも、喋ることも、親の許可が必要で、ついうっかり他人からの質問に答えると殴られました。結婚相手も親が決め、すべて親孝行と言われると何も言えなくなります。産んだんだから、子どもの命は親の自由だと。

●私も最近母親に整形を進められています。自分が整形したいのに怖いから私を巻き込みたいみたいです。 お母さんがしたいだけでしょ。勝手にやって。とあしらってますが内心傷ついて何日も引きずります。

●私も母親に14歳の時整形しよう、女は顔だよ。と言われ整形しました。 中学生の時でしたので周りも『あいつ整形したんだ!』と広まりちょっとしたイジメみたくなりました。 18歳の時にもまたもや母が私に玉の輿に乗って欲しいということで2度目の整形。 整形して、綺麗になったことで良いことも確かにありますが仲の良かった友人に中々会いづらくなったり同窓会に参加出来なくなったり、寂しい思いはあります。結婚を考えているパートナーがいますが、まだ整形していることを話せていません、、、。整形していることで婚約破棄になったりしないががとても不安です。 私の人生これで良かったのか...分からないです。

■実の親子だからこそ難しい。悪化した母親との関係、対処法はあるのか?

関係の悪化した母親への対処法として、アンケートから寄せられた声で最も多かったのは、「会わない、関わらない」というものでした。しかし、当時高校生だったハム子さんに逃げ場はなく、整形してもなお、母親からハム子さんへの“要求”は続きます。それはハム子さんをどんどん苦しめていくことに…。

また、なぜ母親がここまでハム子さんに執着し、支配していたのか。その理由も徐々に明らかとなっていきます。
そして、母に否定され続けてきたことで歪んでしまったハム子さんの価値観を変えてくれた“彼”との出会いも描かれます。

「人格形成は子どものうちに決まる」「大人になったらもう根本的に変わらない」
そんな言葉をよく耳にしますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

連載はいよいよ次回が最終回。心を殺してまで母との関係を築いてきたハム子さんとお母さんの関係の決着は? そしてこれまで親の決めた人生を生きて、ずっと息苦しさを感じていたハム子さんが、今思うこととは?


画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/19 16:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます