ダイソー「ホットサンドメーカー」がたった1000円!おいしく作れるか試してみた

拡大画像を見る

 以前キャンプで友人が作ってくれたホットサンドがとてもおいしくて、ホットサンドメーカーが欲しいなぁと思っていた筆者。しかし狙っていたものは約4000円。もし使わなくなってしまったらもったいないし…と1年以上迷っていました。

 すると先日、思わぬところでホットサンドメーカーを発見! びっくりついでに思わず買ってしまいました。
◆100円ショップでホットサンドメーカーが買えるなんて!

 見つけたのはなんと100円ショップのダイソー。1000円(税込1100円)とさすがに100円では買えませんが、それでもホットサンドメーカーとしては十分なお手頃価格。

 ホットサンドメーカーは食パンなどに好きな具材を乗せ、向かい合わせになった2枚のフライパンでぎゅっと挟んで焼くというもの。昔からあったものの近年のキャンプブームがきっかけでより注目されるようになり、「簡単に美味しくパンが焼ける」と今ではキャンパー以外の間でも人気に。ネット上にはアレンジレシピも数多く掲載されています。

 ダイソーのものは直火専用でIHは不可。本体はアルミニウム合金製(底の厚さ:1.8mm)で、フッ素樹脂塗膜加工が施されているので具材がこびりついてしまうことがなく、お手入れも簡単です。

◆家にある具材を挟んで作ってみた

 早速、子ども達に作ってみることに。

 食べやすいよう耳を除いたパンにバターを塗り、具材(今回はハムとチーズを交互に2枚ずつ)を乗せて上にもう1枚食パンを置いたらセット完了。取っ手の金具を留めて、コンロの弱火で片面2分ほど火を入れます。

 ひっくり返して1度開けてみたら、いい焼き具合! 同じようにもう片面も2分ほど焼きます。

◆具材はたっぷり載せるのがおすすめ

 完成。サクサクなパンの中でチーズがとろけ、子ども達からも大好評でした。

 お次は大人用も作ってみます。耳を切らず、具材として味付けをしたスクランブルエッグ・ハム・トマト・チーズをサンド。

 こちらの出来上がりもきれいな焼き色! 食欲をそそられます。

 ボリューミィで文句なしのおいしさ。ハム&チーズだけでは見た目的に寂しかったので、蓋が閉まらないかも…というくらい具材を載せるのがおすすめです。

◆色々とアレンジして楽しめるのも魅力

 ホットサンドメーカーはパン以外のメニューでも大活躍してくれる魅惑のアイテム。肉巻きや焼きおにぎり、さらには焼きバナナやパイシートを使ったスイーツまで作ることができ、アイデア次第で作れる料理は無限大。2つのフライパンで具材を挟み込むためひっくり返すのがラクだというメリットもあり、お好み焼きやホットケーキなども簡単きれいに仕上がります。

 重さのあるフライパンや鍋類は洗うのが大変で次第に出番がなくなってしまいがち。同じシングルタイプでも重さが500g以上するものが多いホットサンドメーカーですが、ダイソーのものは約460g。ひっくり返す時や洗う時にもそこまで重さを感じることがないので、使いたい時に気軽に使うことができます。

 ホットサンドメーカーは、マンネリ化しがちな料理のレパートリーに新しい風を吹き込んでくれそう。1000円なら“買い”ではないでしょうか。すでに話題になっていて品薄状態の店舗もあるようなので、気になる方はお早めに!

<写真・文/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】
雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。

関連リンク

  • 11/19 15:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます