吉田朱里、ウェディングドレス姿披露「ゼクシィ」で結婚への葛藤も明かす

【モデルプレス=2021/11/19】モデルの吉田朱里が、11月22日発売(※一部地域を除く)の結婚情報誌『ゼクシィ』1月号の綴じ込み付録『常識&マナーのきほん BOOK』に起用された。

◆吉田朱里、セルフプロデュースメイクで“好印象”なウエディングドレス姿を披露

元NMB48メンバーで、現在はモデルのほかYouTuberやコスメプロデューサーとしても活躍する吉田。

『ゼクシィ』からのオファーについて、「約10年アイドルとして駆け抜け、勝手に結婚はまだというイメージを持っていたので、驚きました」と明かした。

今回、自身でプロデュースしたメイクについて、「結婚式をイメージし、好印象なナチュラルメイクに仕上げました。万人ウケするだけではなく、自信が持てるかどうかがポイントです」と紹介。誌面には吉田による「好印象UPなメイクLESSON」も掲載している。

◆吉田朱里、理想のプロポーズを告白

理想のプロポーズについて尋ねると、「サプライズは欲しいです」と即答。「パパはプロポーズの時、友達といるママのもとにバラの花束を持って行ったと聞いているからか、私も演出してほしい派です。婚約指輪の箱をパカッと開くのは最低でもお願いしたいです。寝起きに、とか気の抜けたプロポーズだったら結婚してあげない!(笑)」とちゃめっ気たっぷりに答えてくれた。

◆吉田朱里、結婚に関する等身大の悩みとは

昨年アイドルを卒業し、現在は幅広く活躍する吉田。今後について、「当面はコスメを軸に挑戦し続けて、『吉田朱里』というジャンルを築いていきたいです」と、結婚については「いつかしたいという気はあるけど、仕事も続けたい。どちらも手を抜けない性格だと思うので、今から両立に苦労している未来が見えます」と等身大の思いを語っている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/19 16:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます