Snow Man「紅白」初出場決定“ピンチをチャンスに変える”9人でリベンジ<第72回 NHK紅白歌合戦>

【モデルプレス=2021/11/19】NHKは19日、大みそかに放送される「第72回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手を発表。昨年メンバーの新型コロナウイルス感染により出演を辞退していたSnow Manが初出場。ここでは、同グループの1年の活躍を振り返る。

◆Snow Man、快進撃が続くデビュー2年目

Snow Manは、2020年に「D.D./Imitation Rain」でデビュー。岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平、向井康二、目黒蓮、ラウールからなる9人で活動している。

デビュー2年目も変わらぬ勢いを見せるSnow Man。4月には、2年ぶりの劇場公演「滝沢歌舞伎ZERO 2021」として、パワーアップした舞台を有観客で上演。東京都に発出された緊急事態宣言を受け、途中で中断したものの、約2ヶ月間の公演を完走した。現在は、デビュー後初めての有観客ライブとなる「Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania」が開催中だ。

また、メンバー全員が多方面で活躍しているのも同グループのポイント。高学歴ジャニーズ・阿部はクイズ番組では常連。アニメ好きの佐久間は、7月に公開されたアニメ映画「白蛇:縁起」にて声優に挑戦した。

筋肉を極める岩本はフィットネス総合誌「Tarzan」の連載を持つ。高身長でモデル体型の目黒は雑誌「FINEBOYS」のレギュラーモデルとして活躍しており、表紙を飾ると公式サイトで注文が殺到し度々サーバーダウンすることも。

向井や深澤・渡辺は持ち前のトーク力を生かし、バラエティー番組を盛り上げる。宮館も、貴族キャラが人気となり、現在佐久間と共に「ラヴィット!」(TBS系/毎週月曜~金曜あさ8時)のレギュラーを務めるなど、各自が得意分野を生かしつつ、新たな一面を見せている。

ラウールは、7月に公開された映画「ハニーレモンソーダ」で初主演を飾り「東京ガールズコレクション」のランウェイにも度々登場するなど、活動の幅を広げた。

2022年には、グループで主演を務める映画「おそ松さん」の公開が控えている。

◆Snow Man、紅白初出場

満を持しての初出場となった同グループ。発表を受けて、ネット上では「初出場おめでとう!」「リベンジできてよかった!」「スノスト揃った」「もう大みそかが待ち遠しい」などと喜びの声が続々と上がっている。

◆「第72回 NHK紅白歌合戦」
今年の紅白のテーマは、「Colorful~カラフル~」。昨年から続く新型コロナウイルスのために、日常の暮らしは変わった。なんとなく彩りの欠けた日々や景色が、当たり前のことになっていた。そんな時代だからこそ、2021年最後の夜は世の中を少しでも「カラフル」に彩りたい、そうした思いが込められて、紅白は放送される。

そして「カラフル」には、多様な価値観を認め合おうという思いも。あらゆる色が集い、重なり合い、称え合い、素敵な大みそかを彩る。それが今年の紅白。いろいろあったこの1年。みんながんばったこの1年。だからこそ1年の最後は、みんなで手を取り合い、素敵な歌とともに希望に満ちた2022年に向かって…日本全国津々浦々、大みそかの夜をカラフルに。

司会は2年連続となる俳優の大泉洋、初の司会となる女優の川口春奈、同局の和久田麻由子アナウンサー。放送は、2021年12月31日午後7時30分から午後11時45分(※ニュース中断あり)。NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1で生放送される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/19 15:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます