小池都知事 辞任検討報道は「反小池の情報戦」「知事は立腹」政界は「疑心暗鬼」と識者

拡大画像を見る

 19日放送のTBS「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」では、21日から本格的に公務に復帰する小池百合子東京都知事について特集した。27日から過度の疲労のために入院、退院後はテレワークをしていた。

 一部では辞任を検討していると報じられていることに政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は「小池辞任の話は、反小池派による情報戦と見ていて、小池さんはたいへんご立腹だとのこと」と伝えた。

 同じく政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「衆院選の直前に都民ファーストの会が国政政党『ファーストの党』をつくろうとした。結果的にはうまくいかなったが、これがあるから自民党中心に政界では、小池さんは何もしないはずはないという思いが消えない」と解説した。

 「議会にも出ないでやめるならよっぽど体調が悪いのかもしれない。議会が終わってから辞めるというかもしれない。これは政治的な目的があってのことかもしれない」とコメント。辞任して年末に新党立ち上げという可能性も含めて「小池さんの動きに疑心暗鬼になっている人たちはそう見ている」と話した。

関連リンク

  • 11/19 15:22
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます