松本人志、水ダウおぼん・こぼん企画がギャラクシー賞受賞でツイッターで早速反応

拡大画像を見る

 ダウンタウンの松本人志が19日、ツイッターを更新。TBS系「水曜日のダウンタウン」で大反響を呼んだ「おぼん・こぼんTHE FINAL」がこの日、ギャラクシー賞10月度月間賞を受賞したことに反応した。

 この日発表された10月度ギャラクシー賞月間賞は、下馬評の通り?「水ダウ」のおぼん・こぼん企画が授賞した。2年前のドッキリ企画でさらに溝が深まったベテラン漫才コンビに密着し、2週にわたって仲直り計画を実行。こぼんの娘の結婚式に、ついにおぼんが出席し雪解けか?と思われたが、その後お互いの意地の張り合いで、驚きの展開に発展していく。

 放送直後はネットなどで大反響。ギャラクシー賞受賞は間違いないとの声も上がっていたが、果たしてその通りになった。

 松本は17日放送の「水ダウ」冒頭で、浜田雅功から「なに疲れてるんですか」と聞かれ「なんかね、オンエアでどうなってるか知らないが、さっきまでおぼん・こぼんを見てて、疲れちゃって…」と、おぼん・こぼん企画直後の収録だったことを明かし「グラウンド40周させられたみたいな…あれは衝撃的でした。興奮冷めやらずという感じで」と、企画の衝撃さを物語っていた。

 そしてこの日の嬉しい発表に早速ツイッターで反応。「祝 水曜日のダウンタウン【おぼんこぼん企画】がギャラクシー賞。オレなんもしてへんけど。。。」とつぶやいていた。

関連リンク

  • 11/19 15:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます