マーティン・スコセッシ、伝説のバンド「グレイトフル・デッド」の伝記映画を監督 主演はジョナ・ヒル

拡大画像を見る

マーティン・スコセッシ監督が、伝説のロックバンド「グレイトフル・デッド」の伝記映画(タイトル未定)のメガホンを取ることが明らかになった。「The Hollywood Repoter」などが報じた。同バンドの創立メンバーのジェリー・ガルシアをジョナ・ヒルが演じる。スコセッシ監督とジョナは、2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でもタッグを組んだことがある。2人とも、製作陣にも名を連ねている。

「グレイトフル・デッド」は1965年にサンフランシスコ・ベイエリアで結成。カウンターカルチャーを代表するバンドとして人気を集めた。リードギターとボーカルを務めたジェリーは、薬物依存のため入所していたリハビリ施設で1995年に死去。死因は心臓発作だった。同年にバンドは解散した。バンドとしては1994年にロックの殿堂入りを果たし、2004年には「ローリング・ストーン」誌が選んだ「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」で55位にランクイン。2007年にはグラミー賞の特別功労賞生涯業績賞を受賞した。ジェリー個人はギタリストとして高い評価を受け、2003年の「ローリング・ストーン」誌が選んだ「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」で13位に選ばれている。

「グレイトフル・デッド」Photo by Don Paulsen/Michael Ochs Archives/Getty Images

スコセッシ監督は2017年に同バンドの公式ドキュメンタリー映画『グレイトフル・デッドの長く奇妙な旅』の製作総指揮を務めており、同バンドへの思い入れが強いようだ。

同バンドの元メンバーのボブ・ウェア、ビル・クルーツマン、フィル・レッシュ、ミッキー・ハートも本作の製作総指揮を務める。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 11/19 14:10
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • AC/DC

    11/19 18:05

    アメリカと日本でこれほど知名度、人気に差があるバンドはいないんじゃないか? 前回のローリングストーン誌が選ぶ最も偉大なギタリストベスト100でアンディ・ガルシアの下にジェフ・ベックが居て、BSの番組でチャーが怒ってた。(笑)

記事の無断転載を禁じます