4代目バチェラー・黄皓が語る。「結婚しても恋愛したい」理想の相手

拡大画像を見る

取材・文:ameri

撮影:佐々木康太

編集:松岡紘子/マイナビウーマン編集部

ひとりの男性のパートナーの座を巡ってさまざまな女性たちが競い合う、マイナビウーマン世代の女性たちが熱狂している婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」。

始まった当初は「なんて怖い戦いなんだろう」と思った私だったけれど、見れば見るほど沼にハマり、そこにあるいろいろなドラマと思いに心揺さぶられていた。

そんな“バチェラー”に4代目として選ばれたのは、「バチェロレッテ・ジャパン」で最後の二人に残っていた黄皓さん。今回は、彼の恋愛観・結婚観や「バチェラー・ジャパン」シーズン4への思いを語ってもらった。

■ふわっとした評価だけで決断を下す瞬間が苦しかった

──4代目バチェラーには、どういった経緯を経て決まったんですか?

「バチェロレッテ・ジャパン」で最後の二人に残った時、正直選ばれるかなくらいの気持ちでいました。

福田萌子さんが、結果としてああいった決断を下したことに対してはきちんと理解しましたけど、なんとなく「あと一歩だったのにな」という気持ちはありましたし、もう少し萌子さんに対して踏み込めたら……という後悔はあったんですよね。

その後配信が始まり、世間からの「黄さん、幸せになってほしい」という声も届きましたし、何より自分の両親が僕の結婚に対してモチベーションが高くなっていまして(笑)。

両親から「あれは残念だったけど、もう一度結婚と向き合えたらいいね」と言われていたこともあり、今回ご縁をいただいたので挑戦することにしました。

──話を聞いた時はどんなお気持ちでしたか?

「バチェロレッテ・ジャパン」に参加した僕が「バチェラー・ジャパン」に出ることに、少なからず不安はありましたし、個人的には国籍についても不安を感じていました。内面的には大きな違いは感じていなかったものの、やはり表面上だけ見ると「ジャパンじゃないじゃん」とも言われかねないので……。

ですが、この旅でしか味わえない興奮やいろいろな楽しさを「バチェロレッテ・ジャパン」に出た時に感じたので、今回もまた違う景色を見られたらいいなと思って、参加を決意しました。

──選ばれる側から選ぶ側へ変わり、前回と比べて参加する上での心構えに変化はありましたか?

参加者側って、ローズセレモニーまではひたすらもがいて頑張るし、たくさんコミュニケーションを取って少しでも真剣度が伝わるように努力するのですが、案外セレモニーの瞬間は諦めの境地というか、もうそこでは「待つ」しかないんですよね。

ですが、バチェラー側として出るとなると、相手に答えを伝えなければいけないし、お断りする理由を明確に伝えなくてはいけない。セレモニーで名前を口にする最後の最後まで悩みましたね。その重責の違いは大きいように感じました。

──バチェラーならではの難しさはありましたか?

ありましたね。

特に序盤のセレモニーに関しては、明確な基準がないんですよ。時間が経てば「すてき・すてきじゃない」ではなくて「合う・合わない」が見えてくるし、僕自身も「相手が自分を好きかどうか」を感じ取れるようになってくるので。

でも最初は、僕も相手に対する評価をふわっとしかできていないし、同じように相手も僕に対してふわっとした印象しか持っていない。その中で決断を下さなくてはいけないことが苦しかったですね。

■「何があっても味方でいてくれる」安心感が互いにある関係が理想

──以前のインタビューで「『バチェロレッテ・ジャパン』に参加したことで積極性や競争心が磨かれた」とお話しされていましたが、恋愛へのスタンスは変わりましたか?

そもそも、「バチェロレッテ・ジャパン」の時のような「ひとりの女性を多くの男性と取り合う」というシチュエーションが日常でありませんでしたし、そういったシチュエーションになっても圧勝してきていたと思うんです(笑)。

誰かと比較検討される立場になったことがなかったので、男性たちの中から「気づかせる努力」をしなければならないということで、あの時は積極性や競争心が磨かれたと感じたのだと思います。

今回は反対にある種「選ばせてもらう立場」だったので、競争心はなく、一人ひとりと真剣に向き合い、誰といる時が一番居心地良くてドキドキするかという基準だけ持って過ごしていました。

彼女たちにちょっとでも自分をさらけ出してもらえるように、僕からアプローチしたりさらけ出したりすることに、だいぶ気持ちを使っていたように思います。

──恋愛をする上で、黄さんが大切にしていることはありますか?

恋愛だけで考えると、楽しさや居心地の良さを今まで重視してきました。これまで35年間生きてきて、そもそも男女問わず「人が好き」なので、フィーリングが合う相手を見つけるのは得意な方なんです。

ですが、楽しさだけだと恋愛で止まってしまうんですよね。今回は“恋愛”よりも“結婚”という軸での旅だったので、楽しい時間よりも苦しい時間を一緒に過ごせる人を見つけるべきなのかなと。少なくとも、僕の両親がそうだったので。

自分に経済力があって、幸せな時に側にいたら当たり前に幸せなはず。でも、僕が無一文になって世界中が敵に回った時でも同じように接してくれるかとなると、みんながみんなそうではないと思うんです。

「バチェラー・ジャパン」では、自分の状況が悪い時でも一緒にいてくれる人と巡り会えたらいいなと考えていました。「優しくしてくれる」とか表面上のことではなく、「この子は僕に何があっても味方でいてくれるな」という安心感が互いにある関係性が理想ですね。

■結婚しても恋愛していたい

──黄さんが女性に対して求めるものはありますか?

僕、結婚しても恋愛したい派なんです。

彼女と一緒にお風呂に入ることもしなければ、トイレに入る瞬間を見られることも嫌なんですよ。「気を許していない」と言われたらそう見えるかもしれないのですが、ずっとドキドキできる異性でありたいし、ずっとドキドキする異性でいてほしいんですよね。

こういう小さい努力を積み重ねることで、長い間異性として魅力的に見えるかなと。こういった考え方も相性なんでしょうね。

──今回バチェラーとして参加してみて、恋愛観や結婚観に変化はありましたか?

いえ、根本のところは何も変わっていません。

幸せな結婚像のイメージは自分の両親で、自分の恋愛観は35年間で出会った素晴らしい彼女たちや恋愛してきた女性たちによって積み上げられた経験の中で作られたものなので、番組がきっかけで大きく変わることはないですね。

──最後に、配信を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします!

自分を丸出しにしながら、本気で向き合った自信があります! その本気度は、女性たちに伝わっていたはずですし、視聴者のみなさんにも伝わると思っています。

「あいつ合理的とか言われてたけど、超非合理的じゃん(笑)」という一面も含めて、僕がどのような決断をするのか楽しみに見届けていただけたらと思います。

「バチェラー・ジャパン」シーズン4

配信開始日:2021年11月25日(木)22:00より独占配信開始

話数:全10話

11月25日(木)22:00 第1話-第3話

12月2日(木)22:00 第4話-第6話

12月9日(木)22:00 第7話-第8話

12月16日(木)22:00 第9話-第10話

予告編URL:https://youtu.be/QCHxLn6BSLM

番組URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B09KN5Q19K

製作:Amazon

(C) 2021 Warner Bros. International Television Production Limited

関連リンク

  • 11/19 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます