古川雄輝“磯貝”の名古屋グルメ愛炸裂!桜井日奈子“咲子”と「味噌カツ」を堪能

拡大画像を見る

桜井日奈子が主演を務める真夜中ドラマ『ごほうびごはん』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜24:56~)第8話が、 11月20日に放送される。

同ドラマは、こもとも子の同名コミック「ごほうびごはん」(芳文社 刊)が原作。桜井演じる地方から上京したOL・池田咲子が、日々を頑張るための“ごほうびごはん”を楽しむ姿を描くグルメドラマ。桜井のほかに、地元グルメへの愛が強い、商品企画部のエース・磯貝誠役の古川雄輝、咲子の同期・小湊かえで役の岡崎紗絵が出演する。

第7話の放送後、咲子らが肉汁溢れるシュラスコを堪能する様子に、SNS上では「食べに行きたい」「この時間のシュラスコは罪」などのコメントが寄せられた。

<第8話あらすじ>
昼休み、ある店で池田咲子(桜井)と磯貝誠(古川)が鉢合わせ……。2人は、名古屋名物の「味噌カツ」を堪能する! 

地元・名古屋グルメ愛が強い磯貝は、“味噌”についてウンチクを語り、さらに他の名古屋メシのことも熱く語っていたが、なんと途中で席を立ってしまった……。

その後、会社の休憩スペースにいた咲子と小湊かえで(岡崎)は、青柳主任(未来)から磯貝のアイデアで作ったという文房具の事を聞く。咲子とかえでのリアクションは!?

関連リンク

  • 11/19 13:30
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます