ネット予想的中!水ダウ「おぼん・こぼん」企画が10月度ギャラクシー賞 有吉&蛭子も

拡大画像を見る

 放送批評懇談会は19日、10月度のギャラクシー賞月間賞を発表。大反響を呼んだTBS系「水曜日のダウンタウン」の「おぼん・こぼんTHE FINAL」が予想通り?授賞した。他にも有吉弘行が、軽度認知症を公表している蛭子能収氏に会いに行った「有吉クイズ」、10月で終了したNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」、オダギリジョーが警察犬を演じたNHKドラマ10「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」が選ばれた。

 「おぼん・こぼん-」の受賞理由については「2年前の『解散ドッキリ』だけで終わらせずに長期にわたって仲直りを試み、その過程を見事にエンターテインメントに昇華させた。意地とプライドが邪魔をして和解できない2人に果敢な“仕掛け”と必死の説得を繰り返す。『水曜日のダウンタウン』だからこそ撮れた緊張感と説明し難い人間の複雑な感情にあふれた人間ドキュメンタリーだった」と説明している。

 放送直後から、あまりの劇的&感動的な展開に、ネットでは「ギャラクシー賞授賞決定!」などの声があふれていたが、予想通りの授賞となった。

 同じくネットで話題となった「有吉クイズ」についても「有吉弘行が蛭子能収に会いに行く企画が素晴らしかった。認知症であると診断され、バラエティ番組への出演が見られなくなっていた蛭子との共演を望んだ有吉が再会を心から喜び、2人が会話を楽しんでいる場面に、バラエティ番組のこれからの可能性の一端を感じた」としている。

関連リンク

  • 11/19 13:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます