「紅白」選考基準は「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」 売り上げや実績、世論調査も

【モデルプレス=2021/11/19】NHKは19日、大みそかに放送される「第72回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手を発表。これにあわせて、選考基準も発表した。

出場歌手は、紅白合わせて43組。初出場は紅組4組、白組6組の合わせて10組。

紅白歌合戦の選考にあたってNHKは、「『今年の活躍』『世論の支持』『番組の企画・演出』という3つの点を中心に、以下のデータを参考資料として検討のうえ、総合的に判断いたしました」と発表。

「今年の活躍」については、「CD・DVD・Blu-rayの売り上げ」「インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオ再生回数・SNS等についての調査」「有線・カラオケのリクエスト等についての調査」「ライブやコンサートの実績」。

「世論の支持」については、「7歳以上の全国3553人を対象にNHKが行った『ランダムデジットダイヤリング』方式による世論調査の結果。※質問は、『紅白に出場してほしい歌手男女各3組』」と「7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果。※質問は、『紅白に出場してほしい歌手男女各3組以上10組まで』」とした。

◆「第72回 NHK紅白歌合戦」

今年の紅白のテーマは、「Colorful~カラフル~」。昨年から続く新型コロナウイルスのために、日常の暮らしは変わった。なんとなく彩りの欠けた日々や景色が、当たり前のことになっていた。そんな時代だからこそ、2021年最後の夜は世の中を少しでも「カラフル」に彩りたい、そうした思いが込められて、紅白は放送される。

そして「カラフル」には、多様な価値観を認め合おうという思いも。あらゆる色が集い、重なり合い、称え合い、素敵な大みそかを彩る。それが今年の紅白。いろいろあったこの1年。みんながんばったこの1年。だからこそ1年の最後は、みんなで手を取り合い、素敵な歌とともに希望に満ちた2022年に向かって…日本全国津々浦々、大みそかの夜をカラフルに。

司会は2年連続となる俳優の大泉洋、初の司会となる女優の川口春奈、同局の和久田麻由子アナウンサー。放送は、2021年12月31日午後7時30分から午後11時45分(※ニュース中断あり)。NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1で生放送される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/19 13:07
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます