ブリトニー・スピアーズ「もう1人赤ちゃんを検討中」と綴る “女の子ママ”への願望を示唆?

拡大画像を見る

13年にわたってブリトニー・スピアーズを公私ともにコントロールしてきた後見人制度が終了を迎えたのは、今月半ばのこと。悲願だった後見人制度の終了が実現し感極まったブリトニーは、勝利をつかむためこれまで共に闘いサポートしてくれた関係者やファンに対し、SNS上で感謝のメッセージを綴っていた。

後見人制度のもとでは24時間監視された状況で結婚や妊娠も叶わなかったというブリトニーだが、晴れて“自由の身”となった現在は希望に満ちた明るい未来に思いを馳せたメッセージを多く発信している。先日は婚約者サム・アスガリさんとのウエディングでは「ヴェルサーチェ」のドレスを着る予定であることを明かし、ファンを喜ばせていた。

そして現地時間17日には「もう1人赤ちゃんを検討中なの!!!」と綴り、大人と幼い子供が素足で並んで立つモノクロ写真をアップ。

「この子は女の子かしら… 何かを取ろうとして、爪先立ちで手を伸ばしているようね… 間違いないわ」

と記されたキャプションには、卵からかえったヒヨコや赤いキスマーク、ピンクのネイルなど女の子の赤ちゃんを連想させる絵文字が複数並べられていることから「次は女の子の赤ちゃんを希望しているようだ」と感じ取ったファンが多かったようだ。

この日のInstagram投稿には160万件を超える「いいね!」が寄せられ、コメント欄は

「OMG!!」
「ブリトニーが再びママに? 嬉しくて泣いちゃう。」
「ブリトニーを母に持てる娘…羨ましすぎる!」

と早くもお祝いムードに。1万5000件を超えるコメントの中には、

「これからは、自分の思い通りに生きて。」
「そういう決断が自分で下せる状況になったことが、本当に嬉しい。」

など失われた時間や1人の女性としての尊厳を取り戻そうとするブリトニーへのエールも数多く見られた。

ブリトニーには、2007年に離婚した元夫ケヴィン・フェダーラインとの間にショーンさん(16)、ジェイデンさん(15)という2人の息子がいるが、『The Sun US』によれば現在は自分のドレスを譲ったり、ダンス教室に通わせたりと女の子ママならでは育児に興味を持っているそう。関係者は同メディアに対し、

「ブリトニーがもっと子供を持ちたいと考えていることは確かです。次がまた男の子だったとしても大喜びするでしょうし、幸せでしょうけれど心の奥底ではやはり、小さな女の子のママになることがブリトニーの願いなのです。」

と明かしている。

後見人制度の終了とともに人生の新たなチャプターが幕を明けたブリトニー・スピアーズ。そんな節目にふさわしい40歳の誕生日を来月2日に控えた今、彼女の胸の中は再び母になる夢で満ち溢れているようである。

画像は『Britney Spears 2021年11月17日付Instagram「More shots from this weekend!!!」、「I’m thinking about having another baby!!!」(Photo by @keidymoreno19)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 11/19 12:17
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます