片思いの人必見!好きな男性をドキドキさせる【最強の褒め方】って?

拡大画像を見る

どうもあかりです。好きな人を褒めることは、好意アピールもできるし、相手の自己肯定感も満たせて、とてもコスパがいいコミュニケーションです。
ただ、何も考え無しにテキトーに褒めるだけだとあまり意味がないどころか、かえって逆効果にもなりかねませんので、効果的な褒め方のコツを知っておきましょう。


ありきたりな内容では単なる「おべっか」

「優しいね!」とか「頼りになる!」みたいなシンプルは褒めは悪くはないけど、基本的にそういうありきたりな褒め言葉って、他の女性からもたくさん言われたことがあるだろうから新鮮味もないです。
また、初対面でも言えちゃいそうな表面的な褒め言葉は、なんか「おべっか」っぽく聞こえて、男性のことを持ち上げようとしている感じもして少し不快に感じられてしまう可能性もあります。せっかく褒めるなら、一工夫を加えてあげたいところです。


「ディープ」な褒め言葉

男性が喜ぶのが、具体的で深い褒め言葉です。例えば、単に「優しいね!」と褒められるより、「『俺、気を遣ってます』って感じをなるべく出さないようにさりげなく気を遣えるところが、逆にめっちゃ素敵」と、できれば具体的なエピソードをまじえつつ、借り物じゃなくあなた自身の言葉で褒めてあげる。
褒め言葉に深み(ディープさ)が出ると、彼氏の心にもより深く突き刺さるのです。


世間的には「良くない」ところをあえて褒める

「口が悪い」とか「金遣いが荒い」とか、世間的には「良くない」と言われがちな部分を褒めてあげることも超効果的です。
例えば、「あなたって口が悪いけど、逆に良いものはきちんと褒めるし、フェアだよね」とか「たしかにちょっと金遣い荒いなって思うこともあるけど、デートとか大事なことにはケチケチせずにお金を使えることって良いことだよね」とか、
周りから見たら「良くない」部分でも、彼女の立場から見たら「でも、逆にそこがいいんだよな」と思える部分ってきっとあるはずで、そういう部分を褒めてあげられると、「この子は俺のこと、本当によく理解してくれてる」と感激してもらえます。
褒め上手は、愛され上手。次のデートで好きな人を褒めるときに、ぜひ試してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/19 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます