最終奥義?デート中にドキッとさせる【独り言】的な言動って?

拡大画像を見る

どうもあかりです。相手に直接向けた言動よりも、相手に伝えるつもりじゃなく、自分だけで噛みしめるような言動の方が、相手の「本当の気持ち」を知ることができますよね。
例えば、「好きだよ」と面と向かって言われるよりも、実は彼氏がスマホの待受を彼女である自分の写真にしてくれていた(しかも彼氏はそのことを自分に言ってない)とかの方が、「私のことをマジで愛してくれているんだな」って思えます。
ということで、デート中にぜひ試して頂きたい【独り言】的な言動を3つご紹介します。


デートが始まった瞬間にスマホの電源を切る

一番分かりやすくてインパクトがあるのがこれです。待ち合わせで彼と合流してすぐに、(あえて彼に見えるように)スマホの電源を切っちゃうのはとてもウケがいいです。
「これから私はあなたとのデートに夢中になります。誰にも邪魔はされたくないの!」というメッセージが伝わりますので、きっと喜んでくれるはずですよ。


目が合っていないときに、こっそりじっと見てる

彼とアイコンタクトをとるのも大事だけど、逆に彼があなたのことを見ていないときに、こっそりと彼のことをまじまじ見てあげるのも効果的です。そして、ふとあなたの方を向いて「あ、この子今まで俺のこと、じっと見てた?」と気づいた瞬間に彼がドキドキしてくれるという寸法です。


食べた後にお化粧直しをする

レストランでご飯を食べた後に、化粧ポーチを持ってトイレに行く。これは、女性が好きな男性とデートをするときの「気合い」の表れですので、男性は相手の女性がこれをやっているのを目撃すると、すごくドキドキしちゃいます。
なお、デート中の言動ではありませんけど、冒頭で紹介した「スマホの待受を彼にする」というのも、さりげなく彼に気づいてもらえるように仕向けられたら、確実に彼をドキドキさせられますので、ぜひやってみてもらえたらと思います。
ということで、今度のデートからは、直接伝える愛情表現だけじゃなくて、彼氏がかすかに感じ取ってくれるような【独り言】的な気持ちの伝え方にも挑戦してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/19 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます