朝ドラ、鬼の形相だった母・美都里 拗ねまくる姿にネットも「可愛らしい」【ネタバレ】

拡大画像を見る

 19日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では、千吉(段田安則)の計らいで稔(松村北斗)と安子(上白石萌音)が結婚する。そこで注目されるのが、安子へ「近寄るな」と言い放っていた稔の母・美都里(YOU)の存在。新婚家庭での美都里の振る舞いに、ネットも「ちょっぴり可愛く見える」などの声が上がった。

 この日の「カムカム-」では、稔と安子が急転、祝言を挙げることに。安子の優しさに触れた千吉の計らいだった。

 だがこの結婚を素直に喜べない人物が1人。そう、稔の母・美都里だ。菓子を届けに来た安子へ「稔に近づくな」と鬼の形相で言い放ったが、千吉が結婚に賛成してしまったことから孤立無援。結婚のあいさつに来た安子に背を向け縁側に座り続ける美都里へ、千吉や勇ら雉真家の男性陣は「いつまですねとるんじゃ」と美都里を諭す。

 安子も美都里へ「ええ嫁になるよう務めます」と頭を下げると美都里は「いやよ」。そして「じゃけど稔が心残りのまま戦地に行ってしまうのはもっと嫌」と言い、雉真の母からもらったという髪飾りを安子に渡す。

 結婚後も、朝食の準備を促そうとするも、すでに台所で働く安子を見て何も言えなくなる美都里。アラを探そうにも、働き者の安子に小言が言えない。

 この美都里の振る舞いにネットも「嫌味を言い損ねる美都里さんのこと可愛く思えてきた」「ぷいぷい意地張っている美都里さんがちょっぴり可愛く見えた」「美都里さんの嫁いびりは本当に可愛らしかった」「今朝は美都里さんにツボを推されました」などの反響が起こっていた。

関連リンク

  • 11/19 10:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます