生田斗真主演『土竜の唄FINAL』公開記念!三池崇史監督【人間力】インタビュー「宮藤官九郎の脚本は、自分をリセットさせてくれる」

拡大画像を見る

 若い頃はフリーの助監督として、映画の現場で働いていました。さまざまなタイプの監督のもとでスケジュール管理をしたり、ときには金づちを持って美術部の手伝いをしたり……。映画に関わるありとあらゆる仕事をしていたわけですが、ちょうどその頃、「Vシネマ」というものが生まれました。

 映画でもテレビでもないこの分野は、ずっと監督として生きてきた人たちにとって「予算は少ないし、そんなものはやれないよ」という存在。引き受けたとしてもプライドがあるから、映画のやり方を貫こうとする。

 一方、Vシネマを制作する側の多くは、若い頃に映画をやりたかったけど夢かなわず、家業を継ぎ、中年になって経済的に余裕ができてきたから映画を作りたいという人たち。だから、彼らからすると「こだわりの強い映画監督を口説いて作っても、それほど面白くない」となる。

 あるとき、酒を飲みながら彼らの愚痴を聞いていると、「いっそおまえが撮ったほうが面白そうだよね」となった。それで監督したのが『突風! ミニパト隊』という作品。それが30歳くらいのときで、以来、Vシネマ、劇場用映画、テレビドラマなど、数多くの作品の監督をやってきました。

 作品ができあがるプロセスは監督によって違いがあると思いますが、僕の場合は数をやってきた分、作品を“夢”ではなく、“リアル”で考えてしまう傾向があります。分かりやすく言うと、与えられた予算と時間の中で、このスタッフとキャストでどう作るか、という考え方をしてしまう。

 今の日本の映画において、監督や脚本家は「調整役」なんですね。プロデューサー、配給、場合によっては俳優サイドが、作品にいろんな意見を言ってくる。それらをうまいことまとめ上げて、作らなくてはならないわけです。

 ところが、宮藤官九郎という人物が書いた脚本だと、この考え方がリセットされるんですよ。いつもだったら「本当はこういう絵を撮りたいけど、予算や技術を考えると無理だよね」と思うところが、「どうやったらやれるかな」となる。

■いまだにどうして彼がこの役を引き受けたのか謎

 まもなく公開される映画『土竜の唄 FINAL』もそうでした。たとえば今回、主人公・玲二の敵となる轟烈雄というのがかなり強烈なキャラクターとして描かれている。俳優本人にパワーがないと面白くないから、鈴木亮平さんがやってくれたら最高……と思ったんですが、どう考えても受けるはずがない。でも、「やる」って言うんですよ。

 いまだにどうして彼がこの役を引き受けたのか謎なんですが(笑)、主役が生田斗真だったというのも大きいかもしれません。二人のシーンは、お互いリスペクトし合っている気配がビンビン伝わってきて、期待以上に見ごたえのあるものになりました。

 こんなふうに、とにかく宮藤さんの脚本は「やっちゃえ!」という気持ちにさせてくれるんです。脚本を読んで「これどうすりゃいいの!?」と頭を抱えることが、楽しい。Vシネマの頃、脚本家が書きたいように書いて、それを監督が撮りたいように撮っていたことを思い起こさせてくれます。今の日本の映画界でそう思えることは少ないですね。

 最近、20年くらい前に撮った作品が、ヨーロッパなどで支持されているようです。そのせいか、海外の映画人が僕を呼んでくれる機会が多くなって、ここ数年は、半分以上が海外での仕事です。ハリウッドはもちろん、中国や韓国は、今でも夢をつかもうと映画を作っている。この作品が成功することによって、自分たちは昨日までと違うところへ行ける。そんな熱を、監督にもスタッフにも感じますね。

 近々、韓国でドラマを撮る予定です。大ヒットした『愛の不時着2』みたいなのだったらいいなぁ、と楽しみにしています(笑)。
 

三池崇史(みいけ・たかし)
1960年大阪府出身。Vシネマの監督を経て、1995年に『新宿黒社会チャイナマフィア戦争』で劇場監督デビュー。以来、現在に至るまで、数多くの話題作を世に送り出している。代表作として、映画『土竜の唄』シリーズ、『十三人の刺客』『悪の教典』『無限の住人』『初恋』などがある。

関連リンク

  • 11/19 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます