広瀬アリス主演『失恋めし』配信決定 共演に井之脇海、安藤ニコら

拡大画像を見る

 女優の広瀬アリスが主演を務めるドラマ『失恋めし』が、2022年1月14日よりAmazon Prime Videoにて全10話一挙独占配信されることが決まった。

 原案は、木丸みさきによる同名コミックエッセー(KADOKAWA)。監督は『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』の大九明子が務める。読売テレビが制作し、2022年7月には同局にて地上波放送も予定している。

 主人公のキミマルミキは、地元紙に“失恋めし”という漫画連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーター。各話ごとに登場する失恋した人には、忘れられない思い出の味がそれぞれにあり、その味をミキと共に味わいながら失恋エピソードを話し始める。するといつしか傷ついた心が癒され前向きな気持ちに…。

 本作は、すべて実在する飲食店で撮影を行っており、各話ごとにその店の人気メニューが続々登場する。

 主人公キミマルミキを広瀬が演じるほか、レギュラーキャストには、ミキがほんのり恋心を抱く近所の花屋の青年を井之脇海、ミキが連載する地元紙の出版社・STO企画(佐藤さんという名字の社員ばかりが集う)の面々には、村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコが個性豊かでチャーミングなキャラクターとなって集結。近所のお弁当屋の佐藤さんを若林拓也が演じる。

 主演の広瀬は「“失恋“というと、ネガティブな感情になると思いますが、それを乗り切れる何かがあるのはとてもいいことだし、食べることもそのひとつだとこの作品を通じて思いました。いつか私が失恋したら、美味しいごはんをいっぱい食べよう! と思います(笑)」と話す。

 大九監督は「これを観てどうぞゆるりとお眠りくださいと言いたいところですが睡眠欲に食欲が勝ってしまうかもしれません。私なんかもう、数々のご馳走を美味しく食べる登場人物達の咀嚼音を思い出して、ヨダレが出てまいりました」とコメント。

 原作者の木丸は「『失恋と食』をテーマにした漫画なのですが、連載中は『安易にやけ食いに走らないこと』『読んだ人が前向きな気持ちになれること』を心がけてひとつひとつのエピソードを考えました。今回のドラマでは広瀬アリスさん演じる漫画家のキミマルミキが、きっと私の何倍も面白くて前向きになれるエピソードを捻りだしてくれると思います」としている。

 ドラマ『失恋めし』は、Amazon Prime Videoにて2022年1月14日より全10話一挙独占配信。読売テレビにて同年7月放送予定。

関連リンク

  • 11/19 8:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます