杏はYouTube&インスタ開設で「日本脱出」準備!前夫・東出昌大は「完全絶縁」危機も…「ネトフリで千鳥と共演」は「男から愛される男」の証明!

拡大画像を見る

 女優の杏(35)が11月14日、インスタグラムとYouTubeのアカウントをそれぞれ開設した。

 これまで所属事務所のインスタグラムアカウントやYouTubeチャンネルに登場していた杏だが、いよいよ個人でSNSを開始したのだ。

「インスタとYouTubeの開設は、今後、杏に待つ大きな展開の準備と言えるのかもしれませんね。彼女は、かねてからフランスへの移住希望を明かしていて、フランス語のオンライン講座を受けていることも公言しています。11月16日付の『NEWSポストセブン』では、杏は2022年夏クールのドラマ出演が決まりそうで、それを最後に渡仏すると報じられています。

 今回開設されたインスタアカウントを見ると、11月15日以降の投稿のコメントはすべて英語になっているんです。また、YouTubeのアカウント名には“杏/anne TOKYO”と東京の地名が入っています。もしかすると来年の今頃には、“TOKYO”の部分が“FRANCE”となっているのかもしれません」(女性誌記者)

 移住が現実味を増してきている杏。フランス移住には“過去との決別”という意味もありそうだ。

「10月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、元夫の東出昌大(33)の新恋人の存在が報じられました。その後、10月26日発売の『女性自身』(光文社)では、杏が東出の一連の新恋人報道に激怒し、子どもにも会わせたくないとの心境を漏らしていると伝えています。杏がフランスに移住したら、東出は子どもに会えなくなってしまうでしょうね。フランス移住は杏からすれば、東出との絶縁の意味もあるのかもしれません」(前同)

■東出も新たなフェーズに突入! 映画にバラエティ……続々と仕事決まる

 元妻とは絶縁の危機にありそうな東出もまた、新章に突入しているようだ。

 2020年1月発売の『週刊文春』で、唐田えりか(24)との3年に渡る不倫関係が伝えられ、同年8月には杏との離婚と、激動の2020年を過ごした東出だが、2021年に入ると、多くの仕事が舞い込んできているようだ。

 10月8日に主演映画『草の響き』が公開。11月5日には国内の劇場やNetflixで出演映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』、2022年1月14日には映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』の公開が控えていて、2022年には映画『峠 最後のサムライ』の公開も予定されている。

 さらに10月26日付の『NEWSポストセブン』では、千鳥、ケンドーコバヤシ(49)、狩野英孝(39)が出演し、演出を元テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(45)が手掛けるNetflixが制作するバラエティ番組に東出が出演すると報じられた。

「東出さんは公表されている作品以外にも2本の映画出演が決まっているそうですね。不倫騒動後に一気にイメージが低下した東出さんですが、実は、現場での評判は抜群に良い。礼儀正しいし、常に感じが良くて、誰にも分け隔てなくADや現場スタッフともざっくばらんに話す。あれは、スタッフはファンになりますよね。

 スタッフからはとても愛されていることもあって、CMスポンサーの絡みがない仕事は、どんどんと決まっていっているでのはないでしょうか。Netflixの千鳥のバラエティ番組への出演も、映画製作関係者の推薦で決まったといいますね」(映画製作会社関係者)

■好かれているのは男性だけ!?

 東出の感じの良さは共演者にも伝わっているようで、2020年2月発売の『女性セブン』(小学館)によると東出は、『コンフィデンスマンJP』で共演する長澤まさみ(34)は同い年で仲良し。不倫騒動が報じられてからも長澤は、「早く東出くんに会ってイジリたい」と笑いながら周囲に話していたという。

「長澤さんからしてみれば、東出さんの不倫によって自分の主演作に傷がついてしまった感じですから、激怒していてもおかしくない。それなのに冗談を飛ばしているというのですから、2人の関係はかなり良好なのでしょう。ただそれも、程よい距離感が保てているからかもしれまんね」(前出の製作会社関係者)

 東出は、不倫報道以前から家でまったく家事、子育てをせず、杏に対し、あまりに亭主関白に振る舞うなど、その行動は酷いものであった、と報じられたこともあった。

「不倫、離婚、そして先日の新恋人を広島の仕事現場まで呼び寄せていた件もあり、今はさすがに大人しくしているでしょうが、東出さんは基本的に、女性に対して非常にガツガツいくタイプ。かつ、あまりに亭主関白であったり、不倫も含めて女性に対しては良くない振る舞いをする面が多数あると言える。こうした彼の一面を知っている女性からは、東出さんはとても嫌われていますよね。

 ただ、長澤さんのように理解のある女性もいて、また、迷惑をかけられる可能性がいっさいない、かつ東出さんの気持ちも少し理解できる男からは、彼は非常に好かれやすいんです。男性スタッフ、仕事関係者にはなんだかんだ愛される存在ですから、今後も、企業スポンサーが絡まない仕事であれば、どんどんオファーがくるのではないでしょうか」(前同)

 現在は、多くの女性から嫌われているのかもしれないが、「男に愛される男」東出は徐々に再起に向けて歩みを進めているようだ。

関連リンク

  • 11/19 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます