30分のために特急料金420円払う?ツイートが話題 ロマンスカー通勤していた人に聞いてみた

拡大画像を見る

「(小田急で)相模大野から新宿まで30分くらいなのに、(追加料金のかかる)特急に乗る人が行列作っててびっくりした」というツイートが話題を呼んでいる。

この人は関西人(阪急利用者)なのだそうだが、その意見にぶっちゃけ同感である。大した距離でもないのに片道420円も多く払うなんてもったいない。そんな感想を述べたところ、知人のAさん(30代男性)が、まさに小田急線でロマンスカー通勤をしていたという。Aさんに、いろいろ聞いてみることにした。(文:中山道登)

420円を払えば快適さが保証される

Aさんがロマンスカー通勤をしていたのは10年ほど前。区間は新百合ヶ丘から新宿までだったという。乗車時間はロマンスカーだと約20分。しかし、快速急行でもせいぜい30分程度で、その差は10分に過ぎない。10分に420円って高くない?

Aさんはこう話す。

「通勤で乗る人の場合、時短のためというよりは、満員電車の混雑はマジ勘弁っていうケースが多いんじゃないですかね。都心はどの路線も似たりよったりかもしれないですが、通勤時間帯の小田急線は激混みなんです」

だんだん力がこもってくる。

「朝の電車でギュウギュウ息が詰まって、仕事でも緊張させられて、さらに帰りの電車も人と密着して……。人の圧っていうんですかね、プレッシャーで吐きそうになったりしていました。もし快適さが保証されている特急に乗れるなら、それは使いたくなりますよ」

私鉄の「特急」は停車駅が少ないだけで車両も通常と同じ、料金も変わらずというものもあるが、小田急ロマンスカーは違う。なにせ名前がロマンス。シートも広々豪華で、追加料金がかかるのは納得だ。

神奈川の過酷な通勤事情

「それに、神奈川県民って、そもそも通勤時間が国内最長なんですよね」

Aさんは続ける。2020年にニッセイ基礎研究所が調べたところ、神奈川県民の平均通勤時間は片道53.4分で全国一だったという。

ちなみに兵庫・京都・大阪は片道40分前後だった。けっこう違うものだ。神奈川県は、東京に出るにも横浜に出るにも交通の便が良いイメージだったが……。

「あちこちに駅がある都内とちがって、神奈川は最寄り駅までバスで行くって人も結構いるんですよ。ボクも最寄りの新百合ヶ丘駅までバスでした。しかも神奈川の住宅地ってもともと山だったところが多いから、バス停まで坂道を歩かないといけなかったりして…」

なるほど。

「タイミングが悪いとバスもなかなか来ない。雨が降って道路が混むと、バス待ちが10分以上とかもあるので最寄り駅に行くだけで結構疲れます。都心に出るのに1時間以上かかることもあって、会社に通うだけでけっこうな体力を消耗しちゃうんですよ」

考えてみれば仕事の息抜きにスタバでお茶をしても400円ぐらいはかかってしまう。それで満員電車の不快さを回避できるなら……片道420円も高くはない、ということか。

「満員電車って、体力がない人にはすごくキツイんです。ボクの場合、調子が悪いときなんかは待ってでも乗っていましたね。ロマンスカーがあってほんと良かったです」

あらためて、片道420円。自分ならどうするだろうか。やはり常用はしないが、体調不良の時には乗るかもしれない。テレワークなどで解消気味とはいえ、まだまだ高い通勤列車の混雑率。もう少しマシになってくれればいいのだが……。

関連リンク

  • 11/19 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12
  • ***

    11/22 19:56

    ↓四日市から名古屋?まぁ確かに急行と余り時間変わらないしな!ただ座れるからな!

  • 私も四日市から特急料金払っているのに

  • トリトン

    11/22 11:02

    自分もこんなので金払うならその金で駅のうどん食べるわ天婦羅もつけれるからね。

記事の無断転載を禁じます