紅白 まふまふ初出場内定 高低を自在に操る“両声類”男性歌い手

拡大画像を見る

 ネット界で不動の人気を誇る男性歌い手のまふまふ(年齢非公表)が大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30)初出場が内定したことが18日、分かった。19日に都内の同局で出場歌手発表が行われる。

 まふまふは、2010年から動画配信サイト「ニコニコ動画」で歌唱動画投稿を始め、高低を自在に操る“両声類”と話題に。高い歌唱力を誇るハイトーンボイスに加え、作詞作曲を1人でこなす自称“何でも屋”でHey!Say!JUMPや工藤静香らに楽曲提供したこともある。

 19年10月にはNHKで特集が組まれ、21年5月には自身初となる東京ドームでライブを開催。コロナ禍で無観客無料配信という形になったが、約40万人が同時視聴した。

 YouTubeチャンネル登録者は322万人。歌手のAdoも「ずっと憧れていた」とするトップ歌い手の1人で、最新曲「神様の遺伝子」のミュージックビデオが2148万回再生と話題沸騰中。若者の“紅白離れ”が叫ばれている昨今、10代の視聴者を取り込むための大きな“目玉”となりそうだ。

関連リンク

  • 11/19 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます