あの超人気ハリウッド映画の名優が手掛ける、NZ発のワインとは?

言わずと知れた超人気ハリウッド映画『ジュラシック・パーク』。

その一作目と三作目にアラン・グラント博士役を演じたサム・ニールが、母国ニュージーランドでのワイン造りに夢中なのだとか。

ワインのプロである柳氏も認めるほどの極上の一本で、その本気度の高さがうかがえる。

本日は、そんなハリウッド俳優が手掛ける自慢のワインをご紹介!

恐竜映画のあの名優が、母国NZでワイン造り


柳「あれ?クラリン(編集担当の嵩倉)なにそれ?怪獣?」

――あっ、柳さん。これは恐竜ですよ。ヴェロキラプトルのソフビ人形。今年の恐竜展で見つけて、思わず買っちゃいました。

柳「あれま、クラリンが恐竜マニアだったとは。」

――小学生の自由研究向けに、毎年夏になるとどこかしらで恐竜展が開かれるじゃないですか。

私、夏は恐竜展に行った後、家で映画の『ジュラシック・パーク』や『ジュラシック・ワールド』を観るのがお決まりなんです。

柳「へ〜、それはまた変わった趣味をお持ちで。ところで、ジュラシック・パークの一作目と三作目でアラン・グラント博士役を演じたサム・ニールが、ニュージーランドでワイン造ってるの知ってる?」

――えっ、ほんとですか?ジュラシック・シリーズのファンとしては興味津々。しかも、今月のお題はニュージーランドのピノ・ノワールです。

あのハリウッド俳優が、ワイン醸造家に!

当初は家族と友人たちが飲めるだけのワインを造ろうと、ワイナリーを始めた俳優のサム・ニール。次第に本気でワイン造りにのめり込み、ブドウ畑は今や5haに


柳「それはちょうど良かった。

サム・ニールのワイナリー「トゥー・パドックス」があるのは、ニュージーランド南島のセントラル・オタゴ。世界最南端のワイン産地で、新世界の中でもピノ・ノワールの銘醸地として名高いね。

サム・ニールは北アイルランド生まれのニュージーランド育ちで、93年、ジュラシック・パークの第一作が公開されたまさにその年、2ヘクタールの農地にピノ・ノワールを植えている。

でもその頃って、セントラル・オタゴがピノ・ノワールの適地だなんてまだ誰も気づいてなかったから、相当な先見の明の持ち主ですよ。」

――古生物学の権威かと思えば、ワイン醸造学でもスペシャリストだったとは!

柳「古生物学の専門家は役だけで、サム・ニール本人は違うから。」

――てへっ。

ブドウはオーガニック、造りもナチュラル

ブドウ畑があるのは、NZ南島のセントラル・オタゴ。NZのワイン産地で唯一、半大陸性気候、昼夜の寒暖差が大きく乾燥しており、オーガニック栽培に適している


柳「僕も万が一、自分でワインを造るチャンスがもてたら、ニュージーランドでピノ・ノワールを育ててみたいな。」

――柳さんもブドウ畑はセントラル・オタゴですか?

柳「いや、ノース・オタゴのワイタキ・ヴァレー。冷涼な気候でしかも石灰質の土壌があり、僕好みのピノ・ノワールができそうだ。

あっ、そうそう。ニュージーランドの石灰質土壌がいつの時代のものかは知らないけど、ピノ・ノワールのご本家、フランス・ブルゴーニュ地方はジュラ紀の石灰質土壌。

まさにクラリンの大好きな恐竜が地上を支配していた時代だよ。」

――きゃ〜、萌えます。実際に、サム・ニールのワインのお味は?

柳「おいしい。ブドウはオーガニックだし、造りもナチュラル。一見軽そうなのに、飲み進めるほどうま味がじわじわ増幅していくタイプだね。」

――まさしく、小さいのに賢く強いヴェロキラプトルのような!

柳「クラリン、少し恐竜のことは忘れよう(汗)。」

美しきニュージーランドの地で生まれた赤は、実に鮮やかだった! 「Two Paddocks Pinot Noir 2017(トゥー・パドックス ピノ・ノワール)」


サム・ニールが所有する4つのブドウ畑から厳選したピノ・ノワールをブレンド。オーガニック認証機関「bio gro」の認証を取得している。

6,380円/ジェロボーム TEL:03-5786-3280

編集部員・嵩倉が飲んでみた!


鮮やかな色味で飲み心地は軽やか。それでいてしっかり旨みがあるので、外飲みに良さそう。

撮影日は気持ち良い秋晴れで、このワインを飲むに、ぴったりの陽気でした!

教えてくれたのは ワインジャーナリスト 柳 忠之氏


世界中のワイン産地を東奔西走する、フリーのワインジャーナリスト。迷えるビギナーの質問に、親身になって答えるワインの達人。


▶このほか:ワンランク上の非日常デートへ彼女を誘いだそう!記念日にぴったりのサプライズな新店

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/19 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます