29歳女が“婚約”を会社に報告したら、異動を告げられ…。

「彼以外を、好きになってはいけない」

そう思えば思うほど、彼以外に目を向けてしまう。

人は危険とわかっていながら、なぜ“甘い果実”に手を伸ばしてしまうのか。

これは結婚を控えた女が、甘い罠に落ちていく悲劇である。


― やりきった!

午前1時のオフィスで掛川美津は、自分の書いた記事のゲラを読み直していた。

観光業界の行方について取材を重ねて2ヶ月。ようやく記事は形になろうとしている。

最後の一文まで読み終え、コーヒーを一口飲む。美津にとってコーヒーは、深夜残業の相棒だ。

週刊誌の編集部での忙しくも刺激的な毎日に、美津は夢中だった。緻密に取材をした記事が世の中に出て、議論を呼ぶ―― その快感には中毒性があった。

深夜のオフィスには、仲間の記者の姿はもうない。LINEを開き、美津は『高下大介』の文字を押す。

『大ちゃん、今から帰ります』

大介とは付き合って4年、同棲を開始してから2年を迎えた。

3ヶ月前には、汐留のコンラッド東京で結婚をほのめかされている。

「美津と、そろそろ結婚したいと思ってるよ」

「でも私、こんなに忙しいし…」

美津が29歳になった夜。大介とそんな会話を繰り広げた。

美津だって、30歳までに結婚をしたいとは思っている。でも、仕事も全力で続けたい。そんな葛藤をやわらげるように、大介は微笑んだ。

「俺が美津を支えるから。仕事がちょっとでも落ち着く頃に、プロポーズさせてね」

大介は32歳の大手鉄道会社勤務だ。東大を出ているからか自然に出世コースに乗り、経営戦略室に籍を置いて堅実に働いている。

―♪

LINEの通知音が、誰もいないフロアに響いた。

『お疲れ!今日は麻婆茄子だよ』

大介のお気に入りの、クマのスタンプと一緒に返事が届いた。

野心のない穏やかすぎる男だが、記者の第一線で戦い続けるためには、大介はぴったりの結婚相手だ。

そう考えていた美津に、予想外の出来事が起こったのだ。

美津に降りかかる驚きの出来事とは?

「あ、掛川、ちょっといいか。会議室に」

翌週。電話とキーボードの音が響く午後2時の職場で、美津は編集長に声をかけられた。

「は、はい…!」

心臓が、バクバクと音を鳴らす。

編集長が会議室に呼び出すのは、よっぽどの話があるときだと決まっている。誤報を出してしまったとか、名誉毀損で訴えられたとか、そんな類の話だ。

「掛川、驚くかもしれないが…」

編集長の眉間に、くっきりと「川」の字が浮かんでいる。咳払いをひとつして、彼は重い口をひらく。

「異動だ。来月から、隣の編集部に。婦人雑誌の担当をしてくれ」

「へ?」

美津は、思わず気の抜けた声を出してしまった。

隣の婦人雑誌編集部は、年に4回だけ主婦向けの分厚い雑誌を出す部署だ。グルメやファッション、旅行などについてゆるゆると取材をしているイメージがある。

― 左遷?

その2文字と同時に美津の頭に浮かんだのは、自分が3ヶ月前から「そろそろ結婚するんですよ」と周囲に話していたことだった。

― え、私が結婚するから、産休に入る前に異動ってこと…?

そんなの、この時代に許されるはずがない。ムッとして反論しようとしたとき、編集長の方が先に口をひらいた。

「うちの雑誌、業績が良くなくてね。ご存知のように」


1ヶ月後。美津は取材用のノートを片手に、恵比寿のビルの前に立っていた。

― え、ここにバーがあるっていうの?

婦人雑誌に配属されて1週間。異動先の編集部は、美津のイメージ通りだった。

週刊誌の編集部と比べて、忙しさはまったくない。時間の流れが3分の1くらいになったように感じられた。

そして、さっそく任されたのは恵比寿にある『BARオノギ』の店主へのインタビューだった。春号の「隠れ家バー特集」に向けた取材だ。

細い階段を下りていくと、重厚感のある扉が見えた。小さく『onogi』と書かれたドアだ。

― ここか。

3回ノックをしてから扉を開ける。カウンターには男性が立っていて、白い布巾でグラスを拭いている最中だった。

その男性こそ『BARオノギ』の店主、小野木誠司だ。

系列のバーを全国に6店舗持つ彼は、バーテンダーとしてはもちろん、経営者としても腕が立つ。

経済誌を長く担当してきた美津としては、経営のノウハウに切り込んだ取材をしたくてうずうずしてしまう。

だが、手元のノートに書いた構成案には「シングルファーザーバーテンダーの素顔」とある。

現在37歳、小学2年生の一人娘がいる彼。その半生を紹介する記事が求められているのだ。

― こういう取材をするのは、ちょっと退屈かも。

本心を隠して笑顔を作り、挨拶をする。

「初めまして。取材を担当します、掛川と申します」

名刺を渡すと、誠司は目尻を下げて何度も会釈した。

「いやあ、取材してもらえるなんて、ありがたいです」

環境が急変した美津。大介に対して、ある感情の変化が

誠司は気さくな人で、取材は和やかに進んだ。

経済誌のときと違い、難しい単語に頬を引きつらせることも「キミはわかってないよ」となじられることもない、平和な取材だった。

「取材は以上です。原稿ができたら、お持ちしますね」

「うん。今後はぜひお客さんとしても店に来てください。サービスしますよ」

誠司の笑顔を背に、ドアを閉める。

― 素敵なお店だった。今度、大ちゃんを連れてこようかな。


神泉の自宅マンションに帰ると、時計はまだ午後5時を指していた。異動前の部署では考えられない帰宅時間だ。

美津はとりあえず洗濯機を回し、夕食を作り始める。ロールキャベツに味が染みてきた頃、大介が帰ってきた。

「ただいまー。…うわ、ただいまって言ったのいつぶりだろう。いつも帰ったら1人だったから。美津が異動になってよかった」

幸せそうな彼をよそに、美津は心の中でつぶやいた。

― 全然、よくないから。

噂によると、業績難で異動になったはずの美津のポジションには、来月から若手の男性社員がくるらしい。やはり「結婚間近の女であるから」異動させられたのだろうか―。

「婦人雑誌の仕事はどう?」

「今日は、バーの店主に取材してきたわ。下調べも簡単だし、経済誌とはまるで違う」

ロールキャベツを盛ったお皿を、大介の前に置く。

「楽になってよかったな。この感じなら式の準備も進められそうだし。結婚のきっかけが、天から降ってきたみたいだ」

美津は、真顔になった。

彼が「よかった」と連呼すればするほど、美津は自分の中にある悔しさを自覚する。

美津は一橋大学を出て、大手出版社に入社。寝食を忘れ仕事に励み、能力の高さから同期の中では一番の出世頭だった。

だから、経済誌記者として大学教授や研究者、活動家たちへ取材をする日々は、自分の能力に見合っていたと思う。

― この私が婦人雑誌の担当?宝の持ち腐れじゃないの?

「私、人事に異議があるって言おうかしら」

「え?」

「いや。独立もありね。今のキャリアなら、フリーでもやっていける」

「…美津?やっと落ち着いたんだから、しばらくは今の部署で穏やかに暮らさないか?

これから結婚式もあるし、僕はなるべく早く子どもを授かりたいなって思ってるよ。

不自由はさせないし。もちろん、ちゃんとプロポーズはするけど」

大介がそう言ったとき、美津はハッとした。

― 大ちゃんに仕事を支えてもらうイメージはあるのに、大ちゃんの妻として家庭に入るイメージが、まったく湧かない…。

経済記者としてのキャリアありきで、大介を選んでいた。キャリアの先行きが見えなくなった今、大介との結婚が急に物足りないものに思える。

ロールキャベツからたちのぼる湯気のように、美津の心に、もやがかかった。

― え、本当にこの人と一緒になっていいのかな?私には、もっと最適な相手がいるんじゃないかな…。

美津は食事の手を止める。できたての温かいロールキャベツは、いつの間にか冷めきっていたのだった。


▶他にも:交際は最長3ヶ月。破局ばかりの短命女子が、運命の人とZoomで初対面!?

▶ Next:11月26日 金曜更新予定
膨らむ大介への違和感に、美津はある行動に出てしまう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/19 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます