【JRA新馬戦】グレナディアガーズの半妹アストロフィライトなどがデビュー

拡大画像を見る

 20日(土)・21日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、18日確定した。

 今週は東京、阪神、福島で計10鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

◆11/20(土)
・東京4R(ダ1400m・16頭)
パンタナル(牡、大野拓弥・高木登、ヘニーヒューズ)…美浦ウッドで追い切られ、5F68秒台で新馬と併入。乗り込み入念で初戦から力を出せそう。

・東京5R(牝・芝1600m・15頭)
ホーリーエンブレム(牝、C.ルメール・田村康仁、ロードカナロア)…母メジャーエンブレムは16年のNHKマイルCなどGIを2勝。坂路で追い切られ、4F54秒台で未勝利馬と併入した。

・阪神5R(芝1400m・15頭)
ルピナスリード(牝、岩田望来・吉岡辰弥、ダイワメジャー)…芝コースで追い切られ、5F69秒台で1勝クラス馬らに先着。乗り込み量豊富で動きも良い。

・阪神6R(ダ1400m・13頭)
ヴォルゴグラード(牡、鮫島克駿・牧田和弥、リアルインパクト)…母マトリョーシカはJRA3勝。7月の新潟の新馬戦で出走取り消しとなり仕切り直しの一戦になる。坂路で追い切られ、4F52秒台で1勝クラス馬に先着。

・福島5R(芝1800m・12頭)
パープルグローリー(牝、亀田温心・牧浦充徳、ジャスタウェイ)…坂路で追い切られ、5F55秒0を馬なりでマーク。順調に乗り込まれ調子は良さそう。

◆11/21(日)
・東京4R(芝1400m・18頭)
ラジエル(牝、津村明秀・宮田敬介、ミッキーアイル)…半兄ハーメティキスト(父ロードカナロア)は現4勝。美浦ウッドで追い切られ、5F69秒台で新馬と併入。動きに素軽さあり好気配。

・東京6R(芝2000m・8頭)
ダノンベルーガ(牡、石橋脩・堀宣行、ハーツクライ)…セレクトセールにて1億7280万円で取引された。母コーステッドは米GI勝ち馬。美浦ウッドで追い切られ、5F67秒台で古馬オープンのサリオスらと併入した。

・阪神4R(牝・芝1600m・16頭)
アストロフィライト(牝、川田将雅・中内田充正、ディープインパクト)…半兄に昨年の朝日杯FS覇者グレナディアガーズ(父Frankel)がいる血統。坂路で追い切られ、4F54秒台で未勝利馬に先着した。

・阪神5R(芝2000m・8頭)
セレシオン(牡、川田将雅・友道康夫、ハーツクライ)…きょうだいにJRA6勝のピオネロ(父ネオユニヴァース)、15年オークス3着のクルミナル(父ディープインパクト)がいる。芝コースの追い切りでは、古馬オープンのウーリリに先着した。

・福島6R(ダ1700m・15頭)
タマモタップダンス(牝、永野猛蔵・伊藤圭三、エスポワールシチー)…母チャームダンスはJRA4勝で、JRA2勝のタマモヒップホップ(父ディープブリランテ)らきょうだいから多くの勝ち上がり馬が出ている血統。坂路で追い切られ、4F51秒台で3勝クラス馬と併入した。

関連リンク

  • 11/18 17:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます