「もうそれ日課です!」「言わなくてもわかる」ベテランカップルあるある

あなたのまわりに、ベテランカップルはいませんか?
いつまでも円満でいられる関係は、見ていてほほえましいものです。

そこで今回は、ベテランカップルあるあるをまとめました。
仲良しの秘訣を探ってみてください!

(1)こまめに連絡するも内容は最低限



ベテランカップルも、こまめに連絡を取り合います。
しかし、ダラダラするのではなく、必要なことだけ伝えるといったやりとりだけなのだとか。

これぞ、長続きする秘訣でもあります。
相手のことを優先するのは、多くが最初のうちだけ。

次第に、相手に合わせたり自分の時間がないことに疲れ、結果、既読スルーに陥ることもあるでしょう。
ベテランカップルは、自分と相手の線引きがされています。

切り替えができるからこそ、いつまでもいい関係を築いていけるのです。

(2)無意識に相手の分まで買っている



なにかを買うとき、たいていは自分の分のみ買うことが多いでしょう。
ベテランカップルにもなると相手の分も買うのですが、無意識に行動しているようです。

これには驚きではないでしょうか。
体に染みついているということも大きいですが、それほど大切に思っている証拠。

「○○の分まで買って、一緒に食べよう!」と思い、手が伸びているのです。
一緒にいなくても、心は通じ合っている。

これぞ、ベテランカップルの証ではないでしょうか。

(3)詳しく説明しなくても指示詞でわかる



相手に内容を伝える際、知らない内容なら詳しく説明しますよね。
ベテランカップルは「あれ」「それ」「これ」といった指示詞だけで、相手が何を伝えようとしているのかわかるのだとか。

なぜわかるのか、それは今まで培ってきた情報量が大きく関係しています。
付き合いたてのころから、よく会話をしていれば、好きなこと嫌いなことなどの趣向を知ることができます。

だからこそ、指示詞だけでも言いたいことがわかるのでしょうね。

(4)お互いの時間は邪魔をしない



ベテランカップルは、お互いの時間を邪魔しません。
誰とどこへ行って遊んだとしても、一切干渉することはないという方も。

この時間こそ、“ゆとり”を持って関係が長続きする秘訣でもあります。
カップルだからといって、つねに一緒にいる必要はありません。

むしろ、離れて自分の時間を確保するほうがいいこともあります。
傍から見ると、ドライだなと思うかもしれません。

しかし二人からすれば、一人の時間をもつことは相手を大切に思っている証拠でもあるでしょう。


「ベテランカップルは情熱的な関係性かな?」と思っていた方も多いかもしれませんが、意外にも冷静な模様。

この冷静さが、お互いにいい距離を保っているのかもしれませんね。
ぜひ参考にし、今後の関係性を見直してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/18 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます