井ノ原快彦、V6解散後初イベント「卒業しても学校は残っているような感覚」

拡大画像を見る

11月5日より劇場公開となり、初週のランキングでは邦画第1位(動員数・興行成績共に)を記録し前作対比177%の好スタートを切った『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』。公開2週目を迎えてもその勢いは止まらず、11月13日~11月14日の国内映画ランキングにて、動員数・興行成績ともにシリーズ初となる総合第1位となった。現在までに全国184館で動員数40万人を突破した。


11月18日には本作の“大ひっと”を受けて御礼舞台挨拶を実施。ナレーションを務めた井ノ原快彦、監督の大森貴弘氏、そしてとかげ、とんかつ、えびふらいのしっぽが登壇した。


えびふらいのしっぽ推しの井ノ原は、えびふらいのしっぽとの初対面に「こんばんは!小さいね~!」と可愛らしさにうっとり。井ノ原はエビフライのしっぽを食べる派だと話し、「残す人の気持ちがわからない、この形は愛おしいなあ!」とキュンキュンしていた。


しかし前回の舞台挨拶ではとかげ推しだったはず……。MCの指摘に井ノ原は「複雑な三角関係!」とタジタジで「今回の映画ではとかげに感情移入してしまったけれど、お二人を前にして複雑な気持ち。後でとかげさんの楽屋に挨拶に行きます」と両手に花ならぬ、両手に推しすみっコ状態で笑わせた。


そんな井ノ原はV6解散後初のイベント登壇。節目を迎えた心境を聞かれると「グループを組んだことはあるけれど、解散は初めてなのでどんな感じなのかなと思ったら、学校を卒業しても学校は残っているような感覚と同じ。卒業して離れ離れになっても学校はあるからなあという存在」と心境を表現。「しかも今日は岡田准一君の誕生日です!」と笑顔で元メンバーを祝福していた。


本作は国内映画興行ランキング1位を記録し、動員数は40万人を突破中。公開初日に映画館で作品を観たという井ノ原は「映画の良さが子供たちの反応でわかりました。セリフがない分、観終わった後にみんなで想像して話し合う時間も楽しめるのがこの作品の特徴」と魅力を分析。大森監督も「書いてある言葉やセリフをお姉ちゃんが弟に教えながら見ている子供たちの姿もあったりして、そんな光景が微笑ましかった」と作品の広がりと反響を体感していた。


イベント中には主題歌を務めるBUMP OF CHICKENからのメッセージ動画も上映。メンバーそれぞれがお気に入りのすみっコを発表。“ふろしき”推しの藤原基央は「しろくまに引きずられても無表情なのがいい。自分もほしいくらいで、身に着けたら見ているだけでポカポカしそう」、“ざっそう”推しの升秀夫は「ニコニコして前向きさが顔に出ているのがいい」、“ぺんぎん?”推しの直井由文は「ぺんぎん?は本当の自分を探している。心の底から本当の自分を見つけてほしい」、“たぴおか”推しの増川弘明は「プニプニしてみたい。吸われず残った切なげな表情も可愛い」とメンバーそれぞれ、すみっコにメロメロだった。


しかしこの日登壇したすみっコたちの名前は挙がらず、舞台上の一同はガックリ!? うなだれるすみっコたちに井ノ原は「一人も名前が挙がらなかったけどさ……落ち込むなよ」と優しくエール。大森監督は「ふろしきについては、一か所だけ表情が変わるところがあるので注目してください!」とアピールしていた。


最後に大森監督は「ランキング第1位を取れてホッとしました。何度でも楽しんでもらえるように作った作品なので、これからもよろしくお願いいたします!」と映画のヒットに感謝を語った。井ノ原は「一人で観ても友達と観ても恋人と観ても家族と観ても、みんなで寄り添いたくなるような心温まる物語。二度三度と楽しんで観てくださいね」とロングランヒットを祈願していた。


この日は主題歌『Small world』を使用した新しいPVと新しいキービジュアルも発表された。今回発表されたとかげとおかあさんのスミッシーの2ショットのキービジュアルは、11月26日(金)から配布がスタートされる第3弾の入場者特典『オリジナルクリアカード』の絵柄となる。※数量限定でなくなり次第終了。


映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』 大ひっと上映中!
配給:アスミック・エース

©2021 日本すみっコぐらし協会映画部

関連リンク

  • 11/18 21:02
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます