「この放送は歌広場淳氏が活動自粛する前に収録したものです」テロップで地上波出演!「ゲス不倫&中絶」騒動ゴールデンボンバー歌広場淳の「壊滅的恋愛センス」

拡大画像を見る

 11月18日に放送されたダウンタウン・浜田雅功(58)MCの『プレバト!!』(TBS系)は、いつも以上に注目が集まっていた。

 同番組には11月11日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で「ゲス不倫&中絶騒動」が報じられ、活動を自粛しているゴールデンボンバーの歌広場淳(36)の出演が告知されていたからだ。

「『文春』によると、歌広場は16年に一般人女性Aさんと結婚して今年8月に第2子が生まれたばかりでしたが、昨年1月から酒席で出会った一般女性Bさんと不倫関係になり、しかも今年2月にBさんが、切迫流産の疑いで妊娠中絶し、歌広場は女性に生活費などの支援をしていたといいます。11月14日放送のダウンタウン・松本人志(58)の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でこの話題を取り上げた際、すでに『プレバト!!』が収録されていたことが明らかになっていました」(女性誌記者)

 さらに、放送当日の18日には『週刊文春』が後追いとして、他にも歌広場が6人もの女性と不倫関係にあったことを報じ、さらなる炎上の拡大のさなかで『プレバト!!』は放送された。

 歌広場の出演は、同番組後半の「俳句の実力査定」のコーナー。出演者の才能をランキング形式で最下位から1位まで発表する形式なので、編集で出番をカットするのは難しいと思われていたが、実際の放送では「この放送は歌広場淳氏が活動自粛する前に収録したものです」とテロップで但し書きをしたうえで、極力、歌広場を映さない手法が用いられた。

「姿そのものはカットできず、結果発表時に祈る姿がバッチリ映っていましたが、発言は完全にカットされ、一言もしゃべったシーンはなかった。

 しかし、歌広場作の俳句そのものはカットされずに査定にかけられた結果、あまりに間の悪すぎる内容の句が紹介されたんです」(前同)

■恋の思い出を語るも才能ナシ

 歌広場の句は、

《唇が 熱いと離るる 手の冷たく》

 というもの。「冬に好きな人と辛いものを食べて身体を暖めた帰り道にキスしようとしたら突き放された」という青春の思い出をもとに書いた句だとナレーターが読み上げていた。おそらく、本当は歌広場が自分で解説していたものと思われる。

「あれほどの不倫を繰り広げていた歌広場が、ウブな恋愛の句を書くという、皮肉としか思えない出来事でした。しかも、この句は審査員の夏井いつき先生(64)に“才能ナシの最下位”の判定を食らったうえ、書き方の甘さから“リアリティが出ていない”という評価で、まさに踏んだり蹴ったりといった感じでした」(前出の記者)

 ネットでは、

《歌広場の俳句が恋愛匂わせてて草。数カットは写ってたけど最下位でよかったね》《今日のプレバト、「作品に罪はないが作者のことは知らん」とばかりに、歌広場氏の声と姿を最大限カットした上で俳句の紹介と添削をしていて、なかなかアクロバットな編集でした》《プレバト見てたら編集変でこいつ誰やねんおもたら歌広場やったしかも最下位でさらに俳句が恋愛っぽいの読んでて自分で止め刺しに来てるwww》

 という声や、

《歌広場リアルに映す価値なし状態で草生える》《プレバト、引きで注釈入りで一瞬映ったけど、歌広場が「映す価値なし」になっとるやんけ》《今日のプレバトに歌広場淳が映す価値なしになってて草》

 と、『プレバト!』と似た格付け番組『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)の罰ゲーム「(センスなさすぎて)映す価値なし」にちなんだコメントが多く見られた。

 ゲス不倫で、妻や多くの人を裏切ってしまった歌広場。恋愛は「才能ナシ」ということのようだーー。

関連リンク

  • 11/18 21:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます