GENERATIONS 白濱亜嵐、メンバーそれぞれが主演した短編映画完成に感慨

拡大画像を見る

7人組ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBE(白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太)が18日、都内で行われた映画「昨日より赤く明日より青く−CINEMA FIGHTERS project−」(11月26日公開)のプレミア上映会&Special Liveに、各作品の主題歌を担当したKAZUKI(DOBERMAN INFINITY)、伶、DEEP SQUAD、iScreamとともに登壇した。


詩と音楽、映像を1つに融合したプロジェクト第4弾となる本作は、6篇すべてにGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが参加。SABU『BLUE BIRD』はドジな兄と陽気な弟とのかけがえのない絆を、新城毅彦『真夜中のひとりたち』はそれぞれ大切な人を喪失した男女が歩く東京の一夜を、山下敦弘『言えない二人』は幼馴染に想いを伝えられない男のもどかしい気持ちを、森義隆『怪談 満月蛤坂』は美しい女の幽霊に愛された料理人の怪異を、真利子哲也『COYOTE』は新型コロナ禍で急変する世界を、久保茂昭『水のない海』は他人との関わりを避けてきた青年と中国人留学生との出会いを、監督それぞれの個性あふれる物語が展開する。


『言えない二人』で主演した白濱は、GENERATIONSのリーダーとして、同企画にメンバー全員が参加したことについての思いを聞かれると「GENERATIONSの7人が一緒にそれぞれ主演で舞台挨拶をする日がくるなんて思わなかったですね」と感慨深げに語り、「今回の撮影はそれぞれ2回くらいに分けて撮影していたんですけど、コロナ前とコロナが少し落ち着いてからの撮影だったんですけど、僕はそれぞれのプロットを読ませていただいていて、それぞれがどういうお芝居で、どういう引き出しを出してくるのかすごく楽しみで、オムニバスとはいえ、ある意味1本の映画をみんなで作る部分もあると思うので、すごく楽しみにしていました」と吐露。続けて白濱は、“そんな演技もできるんだ!”と思った作品もあったそうで「裕太くんが衝撃的すぎて、あの料理人のはまり役具合というか、裕太くんはああいう役ができるんだったら、また別の作品も見たいなと思いました」と中務を絶賛。


また、自身は親友の恋人に恋をするという役どころだったが「今までは派手な役柄をやることは多くて、この作品のプロットを読んだときに、僕も1人の役者として違う一面を見せたいなという部分と、勢いだけのお芝居じゃなくて、繊細なお芝居にチャレンジもしたいですし、そんな作品にしてたくさんの方に見ていただきたいなと思ったので、いいキッカケになったなと思いました」と充実した表情を浮かべ、「坂井真紀さんが劇中で言う『好きなものが一緒のほうがいいのか、嫌いなものが一緒のほうがいいのか』は、僕の中では答えが見つかっていない感覚があって、メッセージ性がある恋愛映画だなと感じました」と語った。


白濱に絶賛された中務は『怪談 満月蛤坂』で主演をしたが、どんな役作りをしたのか尋ねられると「事前に料理指導をしていただいて、包丁さばきだったりも全部教えていただいて、現場に入ってからも撮影場所で料亭をお借りして、そこの料理長もすごく教えてくれて勉強になりました。そこから料理にハマりました」と打ち明け、「僕、お父さんとおじいちゃん料理人だったので、自分の料理人の血が騒いだというか、そんな感覚で料理のシーンはやらせていただきました」と告白。加えて、妊婦役を演じたことについては「台本を見させていただいたときに、何回も『僕が妊娠するので合ってますか?』って確認させていただきました(笑)。実は後半にいくに連れてお腹が大きくなるんですけど、腰とかも痛くなっちゃって、妊婦さんにもっと優しくしようって思いました」と笑顔を見せた。


さらに、濡れ場にも挑戦した中務は「そこも何回も確認したんですよ。『“体を重ねる”って書いてありますけど、これ僕で合ってますか?』って(笑)。しかもあのシーンが撮影の1番最後だったんですけど、最後に1番緊張するシーンを残すということで、いじめられているのかなって思いました(笑)。でも本番は山田真歩さんが引っ張ってくださって、リラックスして臨むことができました」と話した。


『COYOTE』で主演を務めた片寄は、劇中で英語を喋ったり、スマホでそばにいない相手との演技を行うなど、難役に挑んだが、どんな準備をしたのか聞かれると「英語のセリフ指導の方に発音だったり、この役だったらこんなニュアンスなんじゃないかと細かいところまで指導していただいて、何度も練習したというのはもちろんですし、シカゴでも撮影と、日本での撮影が別で行われて、音を聞きながら見えない画面に向かってセリフを言うという、かなり特殊な撮影でした」と回顧し、コロナ禍だから生まれた作品だそうで「コロナのあの時間を形に残せたというのは、なかなかない作品だと思いますし、自分たちが予想もしなかったすれ違いとか起きたことというのは、ああいう人たちがいたのかなって今も思える作品かなと思います」とコメント。


また、主題歌の『サクライロ』も担当した片寄は、『COYOTE』の上映後に楽曲披露を主なったが「もともと俳優の斎藤工さんが歌われていた曲を今回カバーさせていただいたんですけど、正直、今回のこのイベントで歌わせていただくのは不思議な感覚というか、袖で自分も映画を最後まで見ていて、自分の心の中もあのときのことだったり感情を思い出して、ちょっと泣きそうになっちゃうくらいいっぱいいっぱいになっていて、いざ歌うとなると、お客さんも気持ちが整理できていない雰囲気があって、いつものライブ違うなという言葉にならない感情の中でのパフォーマンスで、終わったあとすごく胃が痛くなって(笑)、経験したことのない感覚でした」と打ち明け、「でも、こういったプロジェクトだからこそ、経験できたことかなと思いますし、みなさんの顔を改めて見て、この作品が少しでも愛される作品になればいいなと。この楽曲を通して愛される作品になればいいなと、心から思いました」としみじみと語った。

関連リンク

  • 11/18 20:46
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます