岡村隆史、ビートたけしの申し出で会食 手紙をもらったことも

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が17日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系/毎週水曜23時)にゲスト出演。トークの中で岡村がビートたけしとのプライベートでの知られざる親交について明かした。

 番組では共演をきっかけに仲良くなった国分太一が撮影した岡村の秘蔵写真を公開していくという展開に。複数公開された写真の中には、ビートたけしと岡村、国分の3ショットも。この写真について国分は、2010年に岡村が体調不良で休養し、そこから数ヶ月後に復帰をした直後に撮影された写真であることを告白。さらに国分はビートたけしから“岡村くんと一緒にご飯食べられないかな?”と申し出があったことも明かすと、岡村は腕組みをしながら「緊張したわぁ…たけしさんとご飯なんて…」と語った。

 また国分は「岡村さんが精神的に追い込まれた時に、僕がたけしさんに電話するんですよ」と話し、岡村宛のメッセージをビートたけしに依頼していたことも告白。ビートたけしからはその翌日に1通の手紙を託されたことも明かし、国分からマネージャーを経由して休養中の岡村の手元に届いたとのこと。その手紙について岡村は内容は私信のため一切公開しなかったものの「最後にたけしさんの、たけしさん流の絵が描いてあったんですけども…バリバリの下ネタの絵が書いてあって…」と暴露し、スタジオの爆笑をさらっていた。

関連リンク

  • 11/18 17:35
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます