大宮Vの佐々木則夫総監督、JFA女子委員長に就任へ「再び世界一を目指すために」

拡大画像を見る

 大宮アルディージャは18日、クラブのトータルアドバイザーと大宮アルディージャVENTUSの総監督を兼任する佐々木則夫氏が現職を退任するとクラブ公式サイトで発表した。

 発表によると、佐々木氏は12月5日(日)より日本サッカー協会(JFA)女子委員長に就任することが決定した。それに伴い、大宮V総監督とクラブのトータルアドバイザーを退任し、クラブのシニアアドバイザーに就任する。大宮は佐々木氏の新たな役職について、「豊富な経験と知見に基づき、クラブに対し様々な面から助言等をいただきます」としている。

 現在63歳の佐々木氏は、現役引退後に大宮の初代監督を務め、2008年からは日本女子代表(なでしこジャパン)の指揮官に就任。2011年にチームをFIFA女子ワールドカップ優勝へ導き、2012年のロンドン・オリンピックと2015年のFIFA女子W杯では準優勝という成績を残した。2016年11月より大宮のトータルアドバイザーを務めている。

 佐々木氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「日本の女子サッカーが再び世界一を目指すために、クラブに理解いただいてこの決断をしました。大宮という街は私にとっての聖地ですし、大宮アルディージャ、大宮アルディージャVENTUSは、今までも、これからも、私にとって特別なクラブです。大宮アルディージャVENTUSから世界一になるメンバーが出ることを強く望んでいますし、私自身も微力ながらシニアアドバイザーとして今後もクラブに貢献していければと思っております。ファン・サポーターの皆さん、これからもよろしくお願いします!」

また、大宮の佐野秀彦代表取締役社長は次のようにコメントした。

「クラブ内や本人とも十分に協議を重ねた上で、日本サッカー界、女子サッカー界全体の発展およびなでしこジャパンの強化を最優先に考え、2021-22 Yogibo WEリーグのシーズン途中ではありますが、退任を受け入れることとしました。大宮アルディージャVENTUSの設立、WEリーグ参入は佐々木総監督の力あってのものであり、2月のチーム発足からこれまであらゆる場面で牽引していただきました。今後はシニアアドバイザーとして引き続きクラブの成長を支えていただくことになります。ともに日本サッカー界、女子サッカー界を盛り上げていければと考えております」

関連リンク

  • 11/18 18:20
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます