「業界永久追放」の声も…まだまだあった!歌広場淳の妊娠・中絶「乱倫行状」

拡大画像を見る

 11月11日発売の「週刊文春」で、不貞の末に20代の相手女性Aさんが切迫流産・妊娠中絶に至ったと報じられたゴールデンボンバーの歌広場淳。同記事が掲載されると歌広場は、自身のツイッターで「倫理に反する行動を取った自分を恥じ、深く反省をする」と綴っていた。

 ところが、歌広場が手を出した相手はAさんだけに止まらず、11月18日発売の同誌続報によると、前週の報道に「私も彼女でした」という女性が5人も現れたというのだ。

 しかも、現在の妻との交際が始まっていた時期、その事実を隠して交際していた相手のG子さんは、交際2年を経た2016年、検査により妊娠が判明。すると歌広場から「ごめん、無理だから堕ろして。認知もできない」と言われたそうだ。その後、Gさんは中絶し、歌広場からは現在の妻と結婚することを告げられたという。

「この報にネット上では『さすがにもう無理だろう。下手したら引退もあり得るのでは』『完全にアウト。もう堕ちたイメージはもとに戻らない』『鬼畜だな。業界永久追放』など厳しい意見が寄せられています」(芸能記者)

 楽器を弾くふりをする“エアーバンド”として人気を博したゴールデンボンバーだが、歌広場の醜聞は“エアー”とはいかないようだ。

関連リンク

  • 11/18 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • やってることはクズなんだろうけど、 有名になって、お金も入って、それに言い寄ってくる輩達もいるだろうしねぇ…… 既成事実を作るために動く人間がどれほどいたんだろうか?

記事の無断転載を禁じます