若きホープ演じたアダム・ベッサに注目、ISとの銃撃戦を捉えた『モスル~あるSWAT部隊の戦い~』本編映像

拡大画像を見る

ISに家も家族も故郷も奪われた男たちが命をかけてゲリラ戦を仕掛ける様を描いた『モスル~あるSWAT部隊の戦い~』より、本編映像が解禁された。




今回解禁となったのは、モスルで新米警察官として働くカーワが重武装したISと激しい銃撃戦を繰り広げるシーン。カーワは同じく警察官である叔父とともにISを討ち取っていくが、次第に攻撃の手数が減っていき窮地に追い込まれる。しかし自らの陣地に踏み込まれ、為す術もなしと思われたその時、これまでとは違うライフルの音が響き渡るという緊迫の映像になっている。

SWAT部隊の若きホープ・カーワには、2017年のヴェネチア国際映画祭で高い評価を得たソフィア・ジャマ監督の『The Blessed(原題は、Les bienheureux)』で見事な演技を披露したフランス系チュニジア人であるアダム・ベッサが抜擢された。彼は本作のプロデューサーでもあるルッソ兄弟が製作を務め、クリス・ヘムズワースを主演に迎え人気を博したNetflixのアクション映画『タイラー・レイク-命の奪還-』でも傭兵部隊の主要メンバーとして好演を見せており、話題作への出演が続いている。

観客にとって物語の窓口ともいえるカーワは非常に重要であり、たった数時間の出来事で人生が変わってしまう難しいキャラクターのため慎重にキャスティングされた。そしてカーナハン監督が「二か月間、何度も何度もアダムのテープを見返したくなったんだ。カーワ役に、約70名の役者をオーディションしたが、彼の演技がずば抜けて説得力があったんだ」と語るように、細かな視線の動きや表情のひとつひとつから、ベッサのリアリティのある抜群の演技力が本作の持つ緊張感を倍増させていることが分かる。

そんなアダム・ベッサはカーワを演じるにあたり「言語には、言葉以上のものが含まれる。言語を通してその現地の感情、文化、慣用句、冗談に触れることができる。アクセントにとらわれず、カーワの感情を表現できるようになるためにも、最初はアクセントの習得に没頭する必要があったんだ」と現地の言語のリアルなアクセントも習得したことを明かしている。

『モスル~あるSWAT部隊の戦い~』は2021年11月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
モスル ~あるSWAT部隊の戦い~ 2021年11月19日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
© 2020 Picnic Global LLC. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 11/18 16:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます