【地方競馬】快挙! 宮下瞳騎手が国内女性騎手として初の通算1000勝達成

拡大画像を見る

 18日、名古屋競馬場で行われた第2Rで、道中中団につけた宮下瞳騎手騎乗の1番人気リアルスピード(牝3、愛知・藤ヶ崎一人厩舎)が、最後の直線で逃げた2番人気コマフォーゼ(牝3、愛知・藤ヶ崎一人厩舎)に3馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分31秒7(良)。

 この勝利でリアルスピード鞍上の宮下瞳騎手は、国内女性騎手として史上初めて地方競馬通算1000勝を達成した。11439戦目での達成。

 宮下騎手は1995年10月にデビュー。2005年に結婚し、2011年8月に引退。その後、出産を経て2016年に現役復帰。2019年に名港盃、翌年も梅見月杯をいずれもポルタディソーニで制するなど、復帰後も以前と変わらない手腕を発揮、2020年には女性騎手初の年間100勝を挙げた。NARグランプリ優秀女性騎手賞の受賞歴も11回を数え、ママさんジョッキーとして活躍を続けている。

関連リンク

  • 11/18 15:34
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • おめでとう(*^ω^)ノ 中央も含めて女性騎手みんなの目標ですな( *・ω・)ノ 後は買ったときにきてくだちい(;´д`)(それが一番大事)

記事の無断転載を禁じます