カミラ・カベロ&ショーン・メンデス、連名で破局を報告「これからも親友のまま」

拡大画像を見る

歌手のカミラ・カベロとショーン・メンデスは、コラボ曲『Señorita(セニョリータ)』をきっかけに2019年夏頃から交際をスタートさせた。ツーショットをSNSに投稿したり、テレビやラジオ番組などでお互いについて話すことも多く、仲良しカップルとして知られていた。

そんな2人が日本時間11月18日、双方のInstagramストーリーで破局したことを発表。ファンにこのように伝えている。

「みなさん、こんにちは。私達は恋人関係を解消することにしました。でも人としてお互いのことを大切に思っている気持ちはこれまでで一番強いです。私達は親友から交際に発展し、これからも親友のままです。今まで応援してくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。カミラとショーンより」

セレブについてのニュースを配信している『Deuxmoi』では、カミラとショーンが破局した可能性があるといち早く報じていた。『Deuxmoi』によると、購読者から以下のメールが送られてきたという。

「私の婚約者がマイアミ発ロサンゼルス行きの便に搭乗していたんだけど、カミラが女の子とビジネスクラスに乗っていたらしいの。映画を選びながらその女の子に『恋人と別れた後ならあなたならどの映画見る? ハッピーな映画? それとも悲しいやつ?』って聞いていたんだって。」

「その友人は『ハッピーなものを先に見て、その後は悲しいものを見たらいいよ』って答えて、そうしたらカミラは『そうだよね、飛行機の中で泣きたくないし』って。」

しかし2人は今月初め、揃って仮装をしてハロウィンをお祝いする姿をInstagramに投稿していたこともあり破局説を信じた者は少なかったが、18日に本人達から直接伝えられたことでファン達は驚きを隠せずにいる。

「まさかあんなに仲の良かった2人が破局するなんて信じられない。泣ける」
「今すぐ復縁してほしい」
「この2人が別れるなんて、やっぱりこの世に永遠の愛なんてないんだ」

ちなみに昨年12月、『Entertainment Tonight』のインタビュアーに「カミラとの婚約について考えている?」と問われたショーンは「もちろん!」と答えたうえでこのように明かしていた。

「カミラは僕が15歳くらいからずっと仲のいい友達なんだ。まだ若いから今すぐ急いで何かしたいってわけじゃないけど『この人だ』って思う人を見つけた時は、自分でそう感じるし、分かるものだよね。」

画像2、3枚目は『camila 2021年11月1日付Instagram「feliz día de muertos」、2021年11月17日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Tina)

関連リンク

  • 11/18 15:05
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます