朝ドラ「カムカムエヴリバディ」番組最高タイの16・5% 稔&勇の涙の兄弟げんか

拡大画像を見る

 17日のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(総合、前8・00ほか)の平均世帯視聴率が、10日に並ぶ番組トップタイの16・5%をマークしたことが18日、わかった。個人全体視聴率は9・1%。

 「カムカム-」は1日に平均世帯視聴率16・4%でスタート。17日の放送回は、ヒロイン・安子(上白石萌音)との結婚を諦めようとする稔(松村北斗)のもとに、やはり安子に思いを寄せる弟の勇(村上虹郎)がやってきて大げんかとなる。そして学徒出陣が決まり、大学生の稔も出征することに…という展開だった。

 作品はラジオ英語講座とともに歩んだ3世代の女性を描く100年の物語。3人のヒロインを上白石萌音、深津絵里、川栄李奈が演じ、岡山、大阪、京都と物語の舞台も移り変わっていく。(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

関連リンク

  • 11/18 13:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます