ミランDFロマニョーリが代理人と会談…延長交渉に向け戦略話し合い

拡大画像を見る

 ミランに所属するイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリが代理人と会談し、契約延長について話し合いを行ったようだ。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

  現在26歳のロマニョーリはミランで主将も務め、好調を維持するチームをけん引。チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリの加入で出場機会を減らしたものの、今シーズンも公式戦11試合に出場している。

 しかし現行契約は今シーズン末まで。契約延長に向けて今後本格的に交渉が進むようだ。

 同メディアによるとロマニョーリは17日夜にミラノのレストランで代理人を務めるミノ・ライオラ氏と会談。本格的な交渉に向けた予備的なステップとして今後について話し合いを行ったようだ。

 イタリアメディア『Calciomercato.com』によると、ロマニョーリは減俸を飲んだうえで契約延長を望んでいるようだが、ミランの提示する額とはいまだ隔たりがある模様。同選手は考えをまとめ次のステップに進むと、数週間以内に経営陣との話し合いがもたれるようだ。

関連リンク

  • 11/18 13:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます