ディズニー前の舞浜イクスピアリ、12月にクラブハリエがオープン!

拡大画像を見る

 洋菓子製造販売のクラブハリエは、70周年を迎える今年、新しいスタイルの店舗として東京ディズニーリゾート内の商業施設「イクスピアリ」2階に「クラブハリエ 舞浜イクスピアリ店」を12月4日にオープンする。

 クラブハリエ ―CLUB HARIE―は、人々が語らう「倶楽部(クラブ)」のようにあたたかく、キラキラと輝くガラス絵「玻璃絵(ハリエ)」に夢を託し、1951年滋賀県近江八幡市で創業した。看板商品であるバームクーヘンは百貨店への出店をきっかけに全国的に知られるようになった。
 クラブハリエ 舞浜イクスピアリ店は、伝統のお菓子を鉱物に見立て、職人が美味しさを掘り出す「お菓子の採掘場」をコンセプトにしている。採掘場をイメージした舞浜イクスピアリ店限定パッケージには、宝物を探すようにお菓子選びを楽しんほしいという願いが込められている。

関連リンク

  • 11/18 13:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます