原田知世“トウコ”、孤独な日々を過ごす女性に「人生何が起きるかわからない」と告げ…

拡大画像を見る

原田知世が主演を務めるドラマ24『スナック キズツキ』(テレビ東京系、毎週金曜24:15~)の第7話が、11月19日に放送される。

原作は、女性を中心に幅広い支持を得ており、最近では「僕の姉ちゃん」のドラマ化でも話題になった漫画家・益田ミリによる同名コミック。主演の原田は、傷ついた人がたどり着くちょっと変わったお店“スナックキズツキ”の店主トウコを演じる。共演者として成海璃子、平岩紙、塚地武雅、小関裕太、徳永えり、西田尚美、丘みつ子、堀内敬子、吉柳咲良、八嶋智人、浜野謙太らが出演。今日もまた、トウコの不思議な癒しの力で、誰かの心が救われる。

第6話では、若者を羨ましがり、過去に思いを馳せる主婦(西田)の姿が話題に。SNS上では「なんて刺さる内容」「共感するし、トウコさんに癒された」「考えさせられる内容」といった声が相次いだ。

<第7話あらすじ>
今回スナック キズツキを訪れる客はサトちゃん(塚地)の母、佐藤ヨシ子(丘)。独身の息子を心配する一方で、夫に先立たれ、友人とも疎遠になり、どこか孤独な日を過ごしている。

今回の店主トウコ(原田)のおもてなしは、トウコのアコーディオン演奏に合わせて歌うシャンソン!?

「人生何が起きるかわからない」。初めてのスナックで、初めてオニオンスープを食べる。

関連リンク

  • 11/18 13:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます