インディーズウェブ作品専門映画祭“JWF映画祭”が、現地&オンライン交流会開催


日本初のインディーズウェブ作品専門映画祭「Japan Web Fest映画祭(JWF映画祭)」が、初めての現地・オンライン交流会を、サイレントシアター「シアターギルド」にて、12月3日(金)・4日(土)に開催する。

非常に厳しい状況が続いている映画業界

コロナ禍の影響を受け、依然として非常に厳しい状況が続いている映画業界。この状況の中、インディーズ分野への影響は甚大だ。

「JWF映画祭」が対象としているインディペンデントフィルムメイカーは自分達で企画を立ち上げ、資金集めや映画作成、上映先や販売先の確保、宣伝費用も全て自己のルートで捻出しており、人の心を打つような作品であっても劇場公開や配給まで行き着かない作品が数多くあるのが現状だという。

インディーズ分野活性化のための対策

そこで、新たな才能を求めるプロデューサーや、ウェブ作品の活用を模索している企業などとマッチングを行うウェブ映画祭を日本でも根付かせることで、インディーズ分野が活性化する。こういった場所を用意したいと考案。

そして世界のクリエイターに対しても“日本も市場となる可能性”を広げていくための策の1つとして、今回「第1回Japan Web Fest映画祭(JWF映画祭)に応募された中で最優秀作品3作品の上映・ゲスト講演・対面での交流会」が、対面とオンラインで開催されることとなった。

第一線で活躍する映画関係者が登場

同イベントは各日、現地での参加者を25人に限定。オンラインでの参加者数に制限はない。


対面の、JWF映画祭スピンオフイベント「上映会&トークセッション&交流会」in 代官山の会場では、メジャー作品や第一線で活躍しているプロデューサー、ラインプロデューサー、監督や撮影監督などをゲストに迎え、業界トークセッションを実施。


バーチャルJWF映画祭会場で行われる、JWF映画祭スピンオフイベント「上映会&トークセッション&交流会」では、最優秀作品3作品の監督が、それぞれロスアンゼルス、香港、オーストラリアから参加し、観客と質疑応答や、各国の現在の映画製作事情を共有する。

また上記に加えて、「第1回JWF映画祭」にて限定配信され、好評を得たウェビナー、トークセッションも再配信されるので、併せてチェックしてみて!

Japan Web Fest 公式ウェブサイト:https://japanwebfest.com/

■シアターギルド
住所:東京都渋谷区猿楽町11-6サンローゼ代官山 1階

画像をもっと見る

  • 11/18 12:52
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます