乃木坂46・新内眞衣、ラジオで涙の卒業発表「30歳からは新しい私で人生を歩みたい」

拡大画像を見る

 乃木坂46の2期生・新内眞衣が18日、メインパーソナリティーを務めるラジオ番組『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送/毎週水曜25時)でグループから卒業することを発表した。

 毎週、新内とほかの乃木坂46メンバーが軽快なトークを繰り広げる同番組。18日の放送に向けた番組の公式ツイッターでは、約1年半ぶりに新内のみでの生放送となり、本人から「大切なお知らせ」があると予告されていた。

 放送開始から約30分、涙ぐんだ声で「私、新内眞衣は乃木坂46を卒業します」と報告した新内。卒業時期は2022年1月末頃の予定で、その後については「何も決まっていない」としながらも「乃木坂にいるうちにお知らせすることが何個かあるので、楽しみにしていただきたいなと思います」と明かした。

 卒業決断の理由については「2022年の1月で私、30歳になるんですよ。改めて、30歳からは新しい私で人生を歩みたいと思って決断しました」と説明。21歳での加入から現在まで「(加入当時は)長くやるつもりがなくて、アイドルという仕事を。だからこそ、1回1回の仕事を真摯(しんし)に向き合いたいなと思っていて。やっぱり、人の3倍頑張らないとダメだなって、思うこともたくさんあった」と振り返った。

 前身「乃木坂46・新内眞衣のオールナイトニッポン0(Zero)」時代からのべ5年半以上メインパーソナリティーを務めてきた番組への感謝も伝え、新内の卒業後は「2代目のパーソナリティーとして別のメンバーに引き継いでいただこうと思っています」と言及した。

 番組では、自身初のソロ曲「あなたからの卒業」も解禁。同曲は、12月15日にリリースされる乃木坂46のベストアルバム『Time flies』に収録される。

関連リンク

  • 11/18 10:31
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます