元テレ朝都議、木下都議ドタキャンで憤り「無免許運転者が都のルール作っていいのか」

拡大画像を見る

 元テレビ朝日アナウンサーで都議の川松真一朗氏が18日、TBS系「ひるおび!」に出演。この日臨時と議会運営委員会での質疑を土壇場で欠席した木下富美子都議について「同じ都議会議員として情けない」「憤っている」と訴えた。

 川松都議は「はっきり言って同じ都議会議員として情けないです」と最初からバッサリ。「本人が続けると、強い意思を示している話ですから、それならばこそ、一体どういう考えかを聞きたかった。今日直前で欠席で、一体どうするのかと憤っているところ」と怒りもにじませた。

 この日の委員会は「木下さんのために、全会派が一致して開く特別な委員会」だとも説明。「議員を続けたい、辞職を否定するって事はどういうことか、ご説明していただく場でしたから、多少の体調不良なら出てきて頂いて、本人の口で答えて頂きたかった」とも語った。

 都議会では24日に再度木下都議を呼ぶとしているが、川松都議は「無免許で運転した人が東京都のルールを作るのがいいんですか?という真正面の質問に答えていない。24日は必ず来て頂きたい」と強く訴えていた。

関連リンク

  • 11/18 12:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • イワ

    11/19 13:45

    さすが都民はやっぱ違いますなぁ〜無免許当て逃げ犯に投票するとは自分には理解出来ませんわ。

  • やはりなあ。

記事の無断転載を禁じます