嵐・櫻井翔が総合司会・日テレ『ベストアーティスト2021』の“露骨編集”にジャニーズファンから激昂の声!元TOKIO山口達也とともに“消された”「7人」!!

拡大画像を見る

 11月17日の夜7時から4時間にわたり、嵐の櫻井翔(39)が総合司会を務める大型音楽特番『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系)が放送された。

 今回の放送では、櫻井による嵐の『カイト』のピアノ演奏から幕を開け、桑田佳祐(65)、郷ひろみ(66)ら大御所からYOASOBI、Awesome City Clubなど旬の若手、乃木坂46や櫻坂46ら女性アイドル勢、SixTONESやSnow Manらジャニーズアイドル勢など、多くのアーティストたちが出演した超豪華な番組となった。

 さらに、番組開始から20周年の節目となる同番組では『Best of ベストアーティスト』と題して、過去20年の放送の名シーンを振り返る企画も行なわれた。

「『Best of ベストアーティスト』の企画では、『ジャニーズ熱狂ライブ編』と題して、過去20年の放送で出演してきた多くのジャニーズアーティストの名パフォーマンスを振り返るコーナーもありました。ただ、このコーナーが一部で物議を醸すことになってしまったんです」(女性誌記者)

『Best of ベストアーティスト ジャニーズ熱狂ライブ編』では、最初に2001年放送回のTOKIO、V6、KinKiKidsが参加するJ-FRIENDSの『ALWAYS (A SONG FOR LOVE)』の映像が流れた。

「J-FRIENDSには、2018年4月、当時女子高生だったタレントに危害を与えた事件で書類送検され、2018年5月にジャニーズ事務所を退所した元TOKIOの山口達也(49)がいます。今回の放送では、J-FRIENDS全体を映した引きの映像で、山口の姿は見えたものの、メンバーそれぞれの顔がアップになるシーンでは、長瀬智也(43)と森田剛(42)、退所した2人の顔も映された中、山口だけ寄りの映像がなかったんです。

 コーナーの2番目には、2003年に放送されたTOKIOの『AMBITIOUS JAPAN!』のパフォーマンス映像も流れましたが、ここでも長瀬のどアップはあったのに、山口だけは寄りになる映像はありませんでした」(前同)

■山口以外の“揉めた退所者”も編集で露骨なカット

 コーナーで3番目に流れたのは、2009年の放送回でV6と関ジャニ∞がコラボした『WAになっておどろう』の映像だった。

「2009年当時はまだ、関ジャニ∞には、2018年に海外で音楽を追求するという理由で退所した渋谷すばる(40)と、2019年9月に渋谷と元KAT-TUNの赤西仁(37)を追うように退所した錦戸亮(37)が在籍していました。V6と関ジャニ∞がステージで輪になって集まったときの引きの映像で、渋谷と錦戸らしき姿は見られたものの、メンバー1人1人の顔が映されるシーンでは渋谷と錦戸だけ省かれていましたね」(前出の女性誌記者)

 4番目は、NEWSの『恋のABO』の2009年放送回と2012年放送回のパフォーマンスをミックスした映像が流れた。

「2009年当時、NEWSには小山慶一郎(37)、増田貴久(35)、加藤シゲアキ(34)の現メンバーに加え、2020年に未成年との飲酒報道で芸能活動を自粛してそのまま退所した山下智久(36)、ステイホーム期間中の外出で自粛となり退所した手越祐也(34)、そして錦戸が在籍していました。

 おそらく2009年のものと思われる映像では、ステージに6人が立っているのが分かる引きの映像も流れました。6人がいる時代の映像も使っているのにもかかわらず、全体を通して、寄りの映像は小山、増田、加藤のものしか使われず、露骨な、山下、手越、錦戸のカットが目立つものでしたね」(前同)

■ファンからは「犯罪したわけじゃないんだから」の声も

 5番目には、2010年放送回のHey!Say!JUMPの『Ultra Music Power』の映像が流れた。

「この当時グループには、2011年に喫煙写真が報じられて活動休止となり、2014年にジャニーズ事務所を退所した森本龍太郎(26)も在籍していましたが、今回の放送で森本の顔が確認できる映像はいっさいありませんでした。

 Hey!Say!JUMPの後には、KAT-TUNの『Keep the faith』の2011年と2013年のパフォーマンスをミックスしたものが流れました。ここでも度重なるルール違反を理由に2013年に退所した田中聖(36)、方向性の違いを理由に明確な説明がないまま2016年に退所した田口淳之介(35)が在籍していた当時の映像が使われていたものの、2人の顔が確認できる場面はありませんでした」(前出の女性誌記者)

 夕刊紙デスクは言う。

「今回の放送で山口以外にもカットされた、渋谷、錦戸、山下、手越、森本、田中、田口の7人は、不祥事があったり、事務所と揉めたり、決して円満退所とは言えない形で辞めた面々ですよね。

 ジャニーズ事務所サイドが、彼らを消してほしい、などと番組に指示を出すことはありえないでしょう。ただ、日テレサイドでジャニーズへの強い忖度が働き、山口を含めた8人の“揉めた退所者”が、編集で見事に消されてしまった、ということでしょう」

 退所者が映らない過去の映像に対しては、「何?どうやらベスアに抜けたメンバー写ってない? 亮ちゃんとすばるだけ? 綺麗に編集されてるって? 上等じゃねぇかゴラァ!」「別に元いたメンバー写して良くない? 犯罪したわけじゃないんだから」「ベスアの恋のABOきれいに3人に編集されててなんだかなぁ。良いじゃん、6人映したって」といった反応がネットにも寄せられていた。

「いつのVTRを使っているかを番組でははっきりと表記していたから、その当時誰がいて、誰が消されたかファンには丸分かりになってしまう。

 応援しているグループの過去の映像が流れる貴重な機会で、楽しみにしていたファンも多いでしょう。なのに露骨なまでに強引な形でカットされてしまった。警察沙汰を起こしている山口や田中、田口は仕方ないような気もしますが、そうではない人も消されてしまった。そのことに憤りを感じるファンから怒りの声が上がるのは無理もないでしょうね」(前同)

 豪華アーティストたちの祭典となった『ベストアーティスト』だが、一部の視聴者にとっては残念な放送になってしまったようだ。

関連リンク

  • 11/18 11:58
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます