サブウェイ史上最重量級『THE ワイルドクラブハウス』は思いのほか優しめ… だが中身はワイルド!! ポイントは具・ソース・肉得盛キャンペーン!

拡大画像を見る

サブウェイが2021年11月17日、新商品『THE ワイルドクラブハウス』の販売をスタートさせた。史上最重量級という、なかなかのパワーワードを引っ提げての登場である。

そのボリュームを確かめねばと、さっそく実食。結果、重量についてはさて置き、中身はワイルドさにあふれていた。どれほどワイルドであったか、この場を借りてお伝えできればと思う。

・カロリーも重さも優しめ

『THE ワイルドクラブハウス(税込520円)』は総重量102gで冒頭に書いた通り、史上最重量級とのこと。どれだけズシンと重いのか、期待に胸を膨らませながら手にしたところ……

あれ、そんなに重くないな? 試しにレギュラーサイズローストチキンを持ってみたが、さして変わらない。よくよく考えれば、100gちょいってスーパーで売っているキュウリ1本分くらいだもんな。

ワーッと驚くほどの重量ではない模様。カロリーも412kcalと、めちゃめちゃ高いわけではない。なんなら同じくサブウェイのピザ系サンド(ピザ バジルトマトチキンなど)のほうが、高カロリーだ。

覚悟して挑んだからであろう、ちょっぴり拍子抜けしてしまった。とまあ、一見すると優しめである『THE ワイルドクラブハウス』だが、きっとどこかにワイルドさが隠れているはず。

その名に込められた意味を探すべく、中身を探っていくとしよう。さあ、キミが秘めたるワイルドさを記者に見せておくれっ……!! 

・3つのワイルド

パンはオススメ通りにハニーオーツを選択した『THE ワイルドクラブハウス』をパカッと開く。心持ち野菜を多めに入れてもらったことを差し引ても、具が盛りだくさん。なるほど、これはワイルドだわっ……! 

たまごにチポトレ(燻製にした唐辛子を原材料とする香辛料)ソースをからめたチキン、ベーコンまで入っている。定番の野菜たちも健在だ。柔らかいチキンと、パリッとしたベーコンとの対比も良し。

またこちらの商品には、オススメのソースとして “スモークチリソースとブラックペッパー” の2種が用意されている。辛いものが好きであれば、スモークチリソースをどうぞとのことだったので記者はそちらを選択。

食べ始めた時は少しばかり舌がピリっとする程度だったが、食べ終えるころには身体がポカポカ。舌はビリビリ、次第に汗がジワリと出て来るレベルだった。むむむ、このソースもなかなかにワイルドだ! 

そしてまた、このソースと辛味の強い肉との相性は抜群。互いの辛さが喧嘩することなく、より洗練されたピリッと感に仕上がっている。野菜の瑞々しさが辛さを調整してくれて、これまた良い感じだ。

贅沢(ぜいたく)を言わせてもらえるならば、やはりもう少しボリュームがほしかった。そんな心をの声を察知したかのような、催しが実施されるらしい。

なんでも11月20日から29日まで、肉が1.5倍化する「肉得盛キャンペーン」が行われるというではないか。通常料金にプラス60円でOKとのことだ。これまたワイルド……っ!! 

正直パッと見では通常のレギュラーサイズと大きさが変わらないし、そのワイルドさが分かりにくかった『THE ワイルドクラブハウス』。しかしよくよく中を覗くと、実はかなりのワイルドっぷりであることが判明した次第。

個人的にはスモークチリソースがとても気に入ったのだが、ブラックペッパーも気になるところ。キャンペーン中にもう一度、足を運ぼうと心に決めている。野菜もしっかりとれて、心も体も大満足だぞ。

参考リンク:サブウェイ「THE ワイルドクラブハウス」
執筆:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 11/18 9:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます