グリーズマンにミラン戦欠場の可能性浮上…リヴァプール戦のレッドで出場停止か

拡大画像を見る

 アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、ミラン戦出場を認められないようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 グリーズマンは10月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節リヴァプール戦に出場。同選手は2得点を決めていたが、ハイボール処理のために高く上げた足が相手FWロベルト・フィルミーノに当たり1発レッドで退場していた。

 グリーズマンはこれにより4日に行われた第4節リヴァプール戦を出場停止で回避していたが、24日開催予定の第5節ミラン戦も欠場する可能性が浮上しているようだ。

 同紙によると、グループで3位につけ、決勝トーナメント進出に向け重要となるミラン戦を7日後に控え、欧州サッカー連盟(UEFA)はやっと制裁について正式にアトレティコ・マドリードに通知を行ったという。

 同クラブは正当な評価ではないとして速やかに上告を行うようだ。これが受け入れられれば1試合の出場停止に減刑されミラン戦でも出場が可能となる。

 アトレティコ・マドリードは4試合を終え1勝1分2敗。勝ち点4で3位につけており、勝ち点5を獲得しているポルトを追いかけるべくミラン戦に臨む

関連リンク

  • 11/18 11:24
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます