古市憲寿氏、辞めない木下都議へ都民ファ&小池知事の「責任は大きい」

拡大画像を見る

 社会学者の古市憲寿氏が18日、フジテレビ系「めざまし8」で、無免許当て逃げを公表せず当選した木下富美子都議が、この日予定の公開質疑を体調不良で欠席するとした問題に、木下都議が所属していた都民ファーストの会と小池百合子都知事の「責任は大きい」と指摘した。

 番組ではこの日の質疑を体調不良で欠席する木下都議について、木下都議を支援する人達の声を紹介した。

 だが板橋区民の多くはやはり一度辞職して信を問うべきとするもの。古市氏は、当選時に木下都議が所属していた都民ファーストの会と、木下都議を応援した小池知事については「責任は大きい」と指摘。「もともと自分が所属していた団体なわけだから、かつての仲間達が都議に対してなんらかのプレッシャー、説明が必要なのかな」と意見した。

 これに橋下徹氏は「なかなか周りからのプレッシャーは…議員は負けない。議員やりたい人はずっとやる」と苦笑い。自身が日本維新の会に所属していた時を振り返り「この人は辞めて欲しいと呼んで、辞めてくれと言ったのに『辞めません』と出て行った」とのエピソードも紹介。

 古市氏は「元維新、ヤバイ人多かったじゃないですか。そういう人には責任感じる?」と質問すると、橋下氏は「感じたよ。街頭演説で応援したんだから」と即答していた。

関連リンク

  • 11/18 10:49
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます