大谷翔平「グダグダ記者会見」での気になる「結婚発言」と「噂の彼女」狩野舞子の「ひょっとして」アピール発言

拡大画像を見る

 11月15日に、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(27)が東京都千代田区の日本記者クラブで会見。「質問」として記者が1分30秒にわたって語り続けたり、野球と関係ない質問が続出したため「グダグダ会見」と米アナリストに批判されてしまった部分もあったが、なかでも注目された質問があった。

「結婚に関する質問ですね。大谷選手は、18年ごろから現在に至るまで、元バレーボール日本代表の狩野舞子(33)との交際がウワサされてきました。今回の会見でも“家庭を持つタイミングは?”という質問に対しては、

“タイミングは考えていないですかね。よきタイミングでというか。そうなるようにしかならないものだと思っているので”“今のところはまだまだ先なんじゃないかなと思います”

 と、イエスともノーともいえない返事をしていましたけどね」(女性誌記者)

 その大谷との交際報道が出たことのある狩野は、大谷の会見の2日前、11月12日にYouTubeチャンネル『マイコチャンネル』を更新。マネジャーとドライブトークをする『悩めるマイコの最近のお悩みは?車中で気を付けている穴って?【ドライブトーク GOOD ANGLE編】』という動画だったが、トークの中に大谷選手を匂わせるものがあったという。

「狩野は185cmの高身長ということで、“身長差カップルあるある”の話を始めたんです。身長の低い側は相手をアゴの下から見上げることになりますが、これを狩野は“バッドアングル”と呼んでいました。そして、自分が高身長なせいで“世の中の人だいたいは、私のブスな顔しか見てない”としたうえで、左斜め上から見下ろした“本当の私”を“驚くよ?”とするほどの美人だと称したんです」(前同)

■本音が思わず?

 この際、「左斜め上から話しかけてほしい」と話したほか、「上見て人と話したい」とポツリとつぶやく狩野にテロップで《切なる想い》と重ねられる演出もあった。

「185cmある狩野を見下ろせる男性はなかなかいない。それこそ、193cmある大谷選手くはまさしく最適任でしょう。“見られたい”ではなく“話しかけてほしい”という言葉にも、どことなく思い入れの深さを感じます」(前出)

 また、狩野は13日には元バレーボール選手の鈴木裕子(32)と一緒に福岡県八女市にて『スミセイ “Vitality Action”』の一環であるバレー教室を開催。

「住友生命保険が、健康づくりのため全国で開く親子スポーツイベントの一環で行われました。元気にのびのびとバレーをやっている子どもを見て、狩野も何か思うところがあったかもしれませんね」(前同)

 長らくウワサが続く狩野と大谷選手。大谷選手が帰国している間に、進展はあるのかーー。

関連リンク

  • 11/18 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます