加賀まりこ77歳の美しさにクラクラ…奇跡のアラ70~80歳マダム・8人衆

拡大画像を見る

 かつて“美魔女”といえば、アラフォー、アラフィフのことを言いました。でも、いまや人生100年時代。70代から80代にも、アクティブでキラキラした女性がいっぱい。

 そこで、いまも現役バリバリの女性有名人をまとめてみました。

◆加賀まりこ 77歳

 ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日2017年4月3日~9月29 日)での名演や、最近では『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日)などバラエティにも出演し、若年層の間でも人気に。デビュー当時からの小悪魔的な魅力は健在で、歯切れのいい本音トークでお茶の間を楽しませてくれています。

 11月12日には54年ぶりの主演映画『梅切らぬバカ』も公開されました。この作品では自閉症の息子(ドランクドラゴン塚地武雅)と二人で暮らす母を演じた加賀さんは、自身も事実婚のパートナーの息子が自閉症であり、「私は近くに自閉症を抱えた息子がおり、この親子の日常がそんなに違った日常ではなかったので、自分ならやれるかもしれないと思い、引き受けました」と10月22日に行われた本作のトークイベントで語りました。

 また、11月4日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系列)では、パートナーを自分から振り向かせた馴れ初めを明かしました。

「ちょうど私が55ぐらいの時に、それまでもずっと友達ではいたんですけどね。何とか結婚ていうか、私の方を振り向いて欲しいと思って、5年間、60までノックをし続けました」と、6歳年下の演出家・清弘誠さんとの恋の始まりを語った加賀さん。彼を口説いたセリフは「友達ではなく、私を恋人にしてください」だったそうです。カッコいいですね。

 また、事実婚関係を公表していることについて、「今は全然隠してもいないし、もう18年だか9年だか経つんですね。籍を入れないことにこだわっているわけじゃなくて、夫婦別姓っていう制度が本当にできるんだったら待ってようと思ったら、なかなか機能してくれなくて。今は別々の名前だけど一緒に暮らしているので」と話していました。

◆結城アンナ 66歳

 俳優、岩城滉一とのおしどり夫婦ぶりで知られています。長年、「ハウス ジャワカレー」の共演CMでもおなじみでした。

 そんな夫妻にもこの1年ほどで変化が訪れました。かつては夜な夜な夜の街へ繰り出していた岩城さんが、いまでは一切飲みに出歩かず、早寝早起きになったんだとか。雪山で撮影中、肺炎を患い搬送された岩城さんの人生観が一変したのがきっかけだったそう。(7月22日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日)より)

◆倍賞美津子 74歳

 かつて“燃える闘魂”アントニオ猪木と夫婦だったことでも知られ、実姉・千恵子とともに、日本の映画、ドラマ界に欠かせない名優です。

 2010年代以降も、『半沢直樹』(TBS)、『下町ロケット』(TBS)、『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日)といった大ヒット作に出演し、存在感を発揮してきました。10月1日に公開された出演映画『護られなかった者たちへ』では、主演・佐藤健の演じる刑期を終えたばかりの男と、東日本大震災で被災後に避難所で出会い、温かい包容力で包む役柄を演じています。

 ちなみに、あのノーベル文学賞受賞ミュージシャン、ボブ・ディランの「Tight Connection to My Heart(Has Anybody Seen My Love)」のMVにも出演していたんですよ。

◆吉永小百合 76歳

 昭和、平成、令和と銀幕のスターであり続ける、国民的俳優。今年の5月にも最新主演作『いのちの停車場』が公開されました。

 俳優活動の他にも、反戦、反原発運動に関わり続け、折に触れてメッセージを発しており、存在の大きさは増すばかりです。

◆多岐川裕美 70歳

『俺たちの旅』(日本テレビ 1975年)や『水戸黄門』(TBS 1987年)など、昭和のドラマには欠かせない俳優です。

 今年の9月からは、なぜか元プロレスラーの長州力と「花王 ビオレ」のCMで共演。そして、娘で女優の華子さんのインスタグラムでも親子ショットをアップすると、「姉妹みたい」と絶賛のコメントが寄せられました。

 続いては海外編です。

◆カトリーヌ・ドヌーヴ 78歳

 映画『シェルブールの雨傘』(1964年)で世界的なスターになりました。親日家としても知られ、2018年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。翌19年には脳卒中で倒れるとの報道に衝撃が走りましたが、無事回復。

 この10月からは、フランスのブランド「AMI PARIS」新アンバサダーに起用されています。今もフランスの洗練美を象徴する存在なんですね。

◆ダイアン・キートン 75歳

 1977年にウッディ・アレン監督の映画『アニー・ホール』でアカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得。卓越したファッションセンスは常に注目の的で、GUCCIの新広告キャンペーン「BELOVED」でも、やっぱりカッコいい!!

◆ダナ・デラニー  65歳

 エミー賞を2回獲得、ゴールデングローブ賞に2回ノミネートされるなど、主にテレビドラマで高い評価を受けてきました。『デスパレートな妻たち』(2004~2012年)のキャサリン・メイフェア役が当たり役となり、『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』(2011~2013年)では、主役の検視官、ミーガン・ハントを演じました。

 2011年に、アメリカの雑誌「People」が“最も美しい100人”に選んだのも納得の美しさ。

 この輝きを支える努力や節制、気持ちの作り方にこそ、新時代を生き抜くヒントがあるのかもしれません。これからも活躍に期待しましょう。

<文/沢渡風太>


関連リンク

  • 11/18 8:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます