「大悟とノブ」千鳥2人の「気になりすぎる」謎のイメチェン「髪型変化」の衝撃真相!

拡大画像を見る

 11月14日放送の麒麟・川島明(42)によるラジオ『川島明のねごと』(TBSラジオ)に、千鳥が出演。大悟(41)とノブ(41)の2人が、ここ数週間の間テレビで視聴者に疑問視されていた「謎のイメチェン」の真相を語り、話題となっている。

「千鳥のヘアスタイルといえば、大悟は丸刈りの坊主頭、ノブはシンプルで清潔感のあるデコ出しヘアーがトレードマークになっていましたが、ここのところバラエティ番組を見ていると大悟は髪が伸びているし、ノブの髪はパーマがかかったような感じになっていました。大悟については10月22日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で“オシャレな坊主にした”と話していましたが、今回はノブの髪型の変化の理由が明らかとなりました」(女性誌記者)

 今回、若手時代からすぐ下の後輩ということで千鳥をかわいがってきた川島が「3人いるから、聞きたいことを聞こう」と切り出し、ノブに「植毛したん?」と直球で質問。川島によると21歳ごろからノブは「髪の毛が薄いということではなくて、抜け毛が尋常じゃなかった」とハゲてしまうのを気にしていたという。

「ノブのお父さんもツルツルで、一度、川島がみんなでノブの家に遊びに行った際も“一匹のゴリラがうつぶせで寝てた”“底が見えへん”と評するほどの抜け毛がユニットバスの風呂桶に落ちていたといいます。しかし、それから15年経ってもノブはフサフサ。“すっごい粘り腰なんですよ!”と流そうとするも、川島は“本当のことを言っていただきたい”とノブを問い詰めたんです(笑)」(前同)

■髪は生えたが副作用が…

 ノブによると、抜け毛が急に始まった20歳のころいろいろと専門家に毛根や抜け毛などを調べてもらった結果、「厳密にいうと、もうハゲです」という結果に焦り、南海キャンディーズの山里亮太(44)おすすめのシャンプーを使い始めたら、毛量をキープできるようになったという。

「そして、ノブが“今年から。今、人生で一番長い。長くしたらウネウネってなってきて”とするくらい急にパーマを当てたような髪型になった理由については、パーマを当てたり植毛したのではなく、ハゲ治療薬を3か月間飲み続けた結果だ、と明かしたんです。

 しかし、“女性ホルモンで生える”という効能のその治療薬を試した結果、“確かにちょっと生えた”と効果を実感したものの、副作用で“その倍くらい胸の突起がデカくなった”ということで、飲むのを止めたそうです」(専門誌記者)

 さらに、ノブは「報告がある」と切り出し、「これから2年間か3年間、僕がうまくしゃべれなくなります」と、大悟に対して衝撃カミングアウト。

「昨日歯医者に行きましたら、下の歯がとんでもなくしゃくれあがってきてますと。食いしばりすぎて、しゃくれあがってきてるので、矯正器具をつけます」

 と告知したうえ、矯正器具が映画『羊たちの沈黙』に登場する、拘束具を付けて収監されているハンニバル・レクター博士のような、鼻から下あごを覆い隠すような器具だと明かした。

■このままでは3年後に“クシャおじさん”になってしまう

「大悟は“レクター博士”のたとえに“しゃべれんとかじゃない。外出れんよ。人前に出れんよ、あんなもんつけて。2年間、ジャギでやんの”と、『北斗の拳』の悪役で主人公・ケンシロウの兄であるジャギにたとえたツッコミをしていました。

 ただ、実際にノブにとっては死活問題らしく、騒音レベルで歯ぎしりがひどいうえ、上の歯がセラミックなのに下の歯が自然なため、バランスが最悪で、このままでは3年後に“クシャおじさん”になってしまうと想定写真を歯医者に見せられたそうです」(前出の専門誌記者)

「クシャおじさん」とは、1970年代にテレビに出演していた名前の通り顔をクシャっとさせ、顔が一瞬で短くなる一発芸で人気を博していたおじさん。ノブはこの写真を見せられ、「このままだと下の歯が全部後ろに倒れてなくなる」「全部インプラントにしないといけない」と医師に言われ、矯正を決意したそうだ。

「あえて上の歯を出っ歯にしてから、下の歯を矯正して、直していくといいます。矯正中は滑舌が悪化して“くしぇがしゅごい(クセがすごい)”“なんじぇやねん(なんでやねん)”になってしまうことを伝えると、大悟も“しょうがねぇな”と渋々納得していました」(前同)

「ジャギ化」したノブも、ちょっと見てみたいかもしれないーー。

関連リンク

  • 11/18 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます